現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「プリウス/プリウスα」“21世紀に間に合った”ハイブリッドカー 車名の意味や中古情報を紹介

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.15

トヨタ「プリウス/プリウスα」“21世紀に間に合った”ハイブリッドカー 車名の意味や中古情報を紹介

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「21世紀」を見据えて開発されたトヨタ「プリウス」、その変遷とは?

 ラテン語で「~に先立って」という意味を持つ車名が与えられたトヨタ「プリウス」は、1997年にハイブリッド・モデルの先駆けとして発売され、2012年からはプラグインハイブリッドカーの「プリウスPHV」も市販化されました。

    トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 また、2011年には派生車種である「プリウスα」もリリースされていますが、今回は「プリウス/プリウスα」の歴代モデルそれぞれの特徴や燃費、中古相場についてご紹介していきます。

●プリウスコンセプト(1995年) 21世紀をリードする画期的な燃費向上への取り組みの一貫とし手掛けられ、1995の東京モーターショーでその姿を公開した「プリウスコンセプト」は、エンジンや駆動系の高効率化、エネルギー回生、停車時のエンジン停止などの機能を採用することで、当時の同クラスにおいて約2倍となる燃費30km/L(10・15モード)を目指し開発がスタートしました。

「プリウスコンセプト」では、助手席およびリヤシートに備えられた組み込み式チャイルドシートや、ドームランプに設置された4方向のセンサーから発信されるマイクロ波により、駐車中の車内への侵入者感知システムを搭載するなど、その珍しい装備でも話題を呼んでいます。

●初代プリウス(1997年から2003年) 発売当初の「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーで注目を浴びた初代「プリウス」は、ガソリンエンジンと永久磁石式モーターを備えた“THS”(トヨタハイブリッドシステム)の採用により、コンセプトで掲げた同クラス車の約2倍の燃費28km/L(10・15モード)を達成。

 制動時のエネルギー回収量を増加させるなどのマイナーチェンジを繰り返すことで、最終的にはその距離を31 km/L(10・15モード)まで向上させています。  また、車体のデザインは歴代「セリカ」などを手がけてきたトヨタのアメリカのデザインスタジオ「CALTY」が担当しており、空力性能を高めつつも「新しい立体感の創造」をテーマに、次世代を感じさせる斬新なセダン・モデルとして構築されました。  その他、視認性を向上させるべくデジタルメーターやディスプレイをダッシュボードのセンターに配置するなど、斬新な試みを取り入れた初代「プリウス」の中古車両本体価格は7万円台から60万円台となっています。

●2代目プリウス(2003年から2009年) エンジンの高回転化やモーターの出力を50%アップさせた“THSII”を採用することで、先代を上回る燃費35.5km/L(10・15モード)を達成した2代目「プリウス」は、先代から大きくフォルムを変え、5ドアハッチバックとして生まれ変わりました。

 この2代目「プリウス」では車幅を30mm拡大することで、日本の3ナンバーの車格へとサイズアップ。「トライアングル・モノフォルム」と名付けた、キャビンを中心に三角形を描くエクステリアデザインとすることで、優れた空力性能とゆとりある室内空間が実現されています。

 ステアリングを操作することなく後退駐車できるシステムが「インテリジェントパーキングアシスト」など、当時の最先端技術搭載で大ヒットを記録した2代目「プリウス」は、2009年に3代目が登場してからもビジネスユーザー向けに特化した新グレード「EX」を2011年まで販売。

「プリウス」というブランドを不動の地位に導くキッカケとなった2代目の中古車両本体価格は現在、7万円台から180万円台(カスタム車含む)と開きがありますが、大ヒットを記録したモデルだけに残存数も比較的多く残っているようです。

■「プリウスα」や「プリウスPHV」の追加で話題をさらった3代目が登場

●3代目プリウス(2009年から2015年) 先代モデルのトライアングル・シルエットを受け継ぐ3代目「プリウス」は、2009年に登場。エンジンをそれまでの1.5リッターから1.8リッターへと拡大し、モーターにも改良が施されたこのモデルは歴代最高となる燃費38km/L(10・15モード)を実現しています。

 太陽電池をルーフに搭載し、その電力で駐車中の車内の換気を行なうソーラーベンチレーションシステムの装着車も登場した3代目「プリウス」は、2011年12月のマイナーチェンジに伴い、派生車種である「プリウスα」も誕生。

 2012年にはプラットフォームやパワートレインを共有するプラグインハイブリッド「プリウスPHV」も登場していますが、このモデルでは充電電力のみで約26kmの走行が可能とされました。  ボディサイズはほぼ従来のまま、プラットフォームの最適化やハイブリッドバッテリーの小型化・配置の工夫などで、快適な室内空間を実現した3代目「プリウス」の中古車両本体価格は24万円台から360万円台(カスタム車含む)で、スマッシュヒットを記録したモデルだけにその残存数もかなり多く存在しています。 ●4代目プリウス(2015年から現在) 2015年に登場した4代目「プリウス」は、発売から約1ヵ月で10万台の受注を記録した同シリーズの最新モデルです。その燃費も40.8km/L(JC08モード)とさらに向上が図られています。

 また、2/3代目で採用されたトライアングル・シルエットを踏襲しつつも、優れた空力特性を得るためにエッジの効いたアグレッシブなデザインを取り入れた4代目「プリウス」は、アルミの反射層に顔料の透過層を重ねる最新技術を使用した3種類の新色ボディカラーを用意。

 2017年2月にはプラットフォームを共有する「プリウスPHV」がフルモデルチェンジし、同年の11月には派生車種の「プリウスα」にも改良が加えられるなど、4代目「プリウス」とその系列モデルは今なお進化を遂げています。

 最新型のこのモデルは現行車だけにその中古車両本体価格も高く、130万円台から400万円台(カスタム車含む)の車両が多いようです。

※ ※ ※

 エコ思考のイメージが強い「プリウス」系モデルですが、2018年10月現在、「プリウスPHV」、「プリウスα」では幅広くモータースポーツ活動を行う「トヨタ・ガズー・レーシング」による「GRスポーツ」もラインナップされています。  常にハイブリッド車の指針となる存在であり続ける「プリウス」が、今後どのような進化を遂げるか期待が掛かります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します