現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ・CR-Vとスバル・フォレスター。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.12

ホンダ・CR-Vとスバル・フォレスター。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のSUVのなかでも、もはや定番と言っていい人気を誇るのがスバル・フォレスター。対してホンダCR-Vは、グローバルで考えれば、ホンダを代表するSUVである。1.5ℓターボと2.0ℓハイブリッドを引っさげて2年ぶりに日本市場に戻ってきた。ここでは、定番フォレスターとCR-Vのラゲッジスペースを比較してみよう。

 日本のみならず北米でも人気が高い新型スバル・フォレスター。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型フォレスターは、2.5ℓ水平対向4気筒、2.0ℓ水平対向4気筒+Eモーターのマイルドハイブリッドシステムの2種類のパワートレーンをラインアップする。新しいプラットフォームの恩恵は、その走りだけでなく、ラゲッジスペースにも現れている。
 対するホンダCR-Vは、ホンダを代表するSUV。新型CR-Vは、日本での発売を前に北米、中国ですでに大ヒットを記録している人気モデルだ。グローバルで認められるホンダのSUVであるCR-Vの実力を、ラゲッジスペースから見てみよう。

    ミニバンでもスポーツしたい! ホンダ・ステップワゴンなどMクラスミニバンのメーカーチューンドという選択肢

CR-V EX・Masterpiece 全長×全幅×全高:4605×1855×1680mm ホイールベース:2660mm ミラーtoミラー:2115mm

CR-V EX・Masterpiece
全長×全幅×全高:4605×1855×1680mm
ホイールベース:2660mm
車重:1560kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
排気量:1496cc
最高出力:140kW(190ps)/5600rpm
最大トルク:240Nm(24.5kgm)/2000-5000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.5
JC08モード燃費:15.4km/ℓ
車両本体価格:359万1000円

フォレスター X-BREAK 全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm ホイールベース:2670mm ミラーtoミラー:2070mm

FORESTER X-BREAK
全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm
ホイールベース:2670mm
車重:1530kg
エンジン:水平対向4気筒DOHC
排気量:2498cc
最高出力:136kW(184ps)/5800rpm
最大トルク:239Nm(24.4kgm)/4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.4
JC08モード燃費:14.6km/ℓ
車両本体価格:291万6000円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

CR-V EX・Masterpiece 室内長×室内幅×室内高:1970×1550×1185mm

フォレスター X-BREAK 室内長×室内幅×室内高:2110×1545×1270mm

CR-V EX・Masterpiece

開口高が低く、フロアも低い位置にあるのが特徴。ガソリン車の場合は高さ調整可能なフロアボードを下段にセットすると、荷室天地高が拡大する。上段にセットすると写真のように荷室フロアはフラットになる。後席は荷室側レバーでも格納できる。

フォレスター X-BREAK

縦にも横にも広い開口部とフロアを実現。「X-BREAK」には撥水カーゴフロアボードも標準装備される。ラゲッジスムーザー機能付きのため、重い荷物でも手軽に載せ降ろしできる。6対4分割可倒式の後席は、荷室のレバーで簡単に格納することができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します