現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラリティPHEVとプリウスPHV。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.12

クラリティPHEVとプリウスPHV。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を……いや、世界を代表するプラグインハイブリッドといえばこの2台。ホンダとトヨタが威信を賭けて放ったクラリティPHEVとプリウスPHEVだ。その卓越したエコ性能は広く知られているところだが、実際の購入に際して気になってくるのは、やはり使い勝手やラゲッジスペースの広さだ。というわけで、この2台を写真と数字で直接比較!

 まずは、全体のサイズ比較から。

    【連載】主婦あかねのクルマ写真日記 ~第3回~「どうにかして流星群が撮りたかった」

クラリティPHEV EX 全長×全幅×全高:4915×1875×1480mm ホイールベース:2750mm ミラーtoミラー:2085mm

クラリティPHEV EX
全長×全幅×全高:4915×1875×1480mm
ホイールベース:2750mm
車重:1850kg
エンジン:直列4気筒DOHC
排気量:1496cc
最高出力:77kW(105ps)/5500rpm
最大トルク:134Nm(13.7kgm)/5000rpm
トランスミッション:電気式無段変速機
駆動方式:FF
最小回転半径:5.7
JC08モード燃費:28.0km/ℓ
車両本体価格:588万600円

プリウス PHV Aプレミアム 全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm ホイールベース:2700mm ミラーtoミラー:2080mm

プリウス PHV Aプレミアム
全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm
ホイールベース:2700mm
車重:1530kg
エンジン:直列4気筒DOHC
排気量:1797cc
最高出力:72kW(98ps)/5200rpm
最大トルク:142Nm(14.5kgm)/3600rpm
トランスミッション:電気式無段変速機
駆動方式:FF
最小回転半径:5.1
JC08モード燃費:37.2km/ℓ
車両本体価格:422万2800円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

クラリティPHEV EX 室内長×室内幅×室内高:1950×1580×1160mm

プリウス PHV Aプレミアム 室内長×室内幅×室内高:2110×1490×1195mm

クラリティPHEV EX

周辺にバッテリーやチャージャーを備えながら、512ℓの大容量を確保。後席には6対4分割可倒機構も備え、最大奥行きは約2000mmとなる。

プリウス PHV Aプレミアム

上げ底になった荷室は、幅と奥行きは十分広いが天地高は少し物足りない。後席は6対4分割可倒式で、最大奥行きは約1790mmを確保する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tik*****|2018/12/13 06:33

    違反報告

    カタログ見ればわかることしか書いてない( ゚Д゚)
  • kan*****|2018/12/13 13:28

    違反報告

    ライバルというには無理があるほど、価格差がある両車。クラリティのほうは、ホンダ自身どんな車をライバルと想定して値付けをしたのかさっぱりわからない。うちにもPHEVがありますよ的な販売手法なら今すぐやめた方がいい。
    プリウスPHVも、後席のヘッドクリアランスに問題があるのはそのまま、4人乗りで、ラケッジは上げ底となってしまうくらいなら、放置プレーなままのプリウスアルファをモデルチェンジして、TNGAのフロアパネルで出した方が顧客への説得力は増したと思うのだが・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します