現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【モータースポーツ】トヨタ・セリカ 世界ラリー奮戦の歴史を振りかえる(その1)

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.12

【モータースポーツ】トヨタ・セリカ 世界ラリー奮戦の歴史を振りかえる(その1)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販車では少しナンパな路線で売られていたセリカだが、モータースポーツではラリーを中心にヘビーデューティに使われていた。そんな歴史を振りかえってみたい。

セリカGTーFOURがグループAの時代に輝きを放つ

トヨタが初めてWRCにフル参戦した時のマシンが、グループAのセリカだった。モンスターマシンのグループBがフェードアウトし、1987年から量産車ベースのグループAに替わると、トヨタはその参戦車両としてセリカGT-FOURに白羽の矢を立てた。4WDで、2Lの4バルブDOHCターボという、最良のスペックを備えていたからだ。それはライバルに対して勝るとも劣らないマシンとなっていた。

ST165型セリカは86年10月に発売されたが、規定の5000台の生産をすぐには満たせず、FRのスープラで間をつないだ後、88年のツール・ド・コルスでデビューする。当初は3S-GTEエンジンもパワー不足だったが、89年のオーストラリアで、ユハ・カンクネンが初優勝を飾る。

しかし、ST165といえば、スペイン人のカルロス・サインツである。期待の若手として彗星のごとく現れたサインツは、果敢な走りによって90年に日本車初のドライバーズ・タイトルを獲得した。ST165は油圧制御のセンターデフに見どころがあり、アスファルト路面の低速コーナーでは、ライバルのランチア・デルタがFF的に曲がるのに対し、FRのような鋭いパワースライドを見せるのが印象的だった。

セリカは89年にモデルチェンジされたが、新型のST185はWRCにはなかなか投入されず、ワイドトレッド化や、インタークーラーの水冷化などが施されたホモロゲーション用モデル、GT-FOUR RCが市販されたことで、ようやく92年から実戦投入された。当初は赤いホルスタインのようなカラーリングだったが、93年からはいかにもワークスマシンらしい華やかなカストロールカラーになり、堂々とWRC頂点の座に君臨する。

サインツ、カンクネン、ディディエ・オリオールという当代屈指のドライバーの手で、92年から3年連続ドライバーズ・タイトルを獲得。中でも93、94年は連続ダブルタイトルで、念願のメーカータイトルをものにした。

96年に代替わりしたST205は、残念ながら苦戦する。鳴り物入りのスーパーストラットのフロントサスが、グループAラリーカーでは芳しくなく、車体もやや大柄で、コーナリングに苦心した。勝利はわずか1勝にとどまり、成績不振からの焦りか、TTE(チーム・トヨタ・ヨーロッパ)は車両規則違反を起こして出場停止処分となる。

トヨタは98年に復帰し、カローラWRCが世界王者に返り咲くが、その中身はセリカGT-FOURで培われたものだった。やはりグループAセリカがトヨタWRCの華といえるだろう。(文:武田 隆)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します