現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「N-VAN(エヌバン)」、車両のカラーデザインコンテストで堂々のグランプリ受賞 オートカラーアウォード2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

ホンダ「N-VAN(エヌバン)」、車両のカラーデザインコンテストで堂々のグランプリ受賞 オートカラーアウォード2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hondaの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が車両の優れたカラーデザインを顕彰するオートカラーアウォード2018※(主催:一般社団法人 日本流行色協会、公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)においてグランプリを受賞した。Hondaとしては、2008年の「FCXクラリティ」、2010年の「CR-Z」以来、3度目のグランプリ受賞となる。

今回「オートカラーアウォード2018グランプリ」の受賞対象となるカラーデザインは以下の1種類。
・エクステリア:ガーデングリーン・メタリック
・インテリア:ブラック
・担当デザイナー: 株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター
 デザイン室1スタジオ 石田憲行さん

    スパチャ搭載! 356万4000円のNinja H2 CARBONは中身もすごい!

また、「オートカラーアウォード2018グランプリ」の受賞理由は、以下の通り。
■受賞理由
 クルマは今や個人が所有するというよりも、シェアしていく時代へと変わっている。
N-VANのガーデングリーンは、様々な用途に使うことができ、また年齢や性別に関係なく、誰にでもマッチすることのできる色。シェアの時代にふさわしい、新しいニュートラルカラーとも言えるだろう。クルマに興味のない人にも、充分に訴える力がある。
* 一般社団法人日本流行色協会のホームページから引用

※「オートカラーアウォード」は、一般社団法人日本流行色協会、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が主催し、車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度。1998年より毎年実施し、今年で21年目を迎える。

■一般社団法人 日本流行色協会 (JAPAN FASHION COLOR ASSOCIATION/ JAFCA)とは

 カラーデザインの向上と、豊かな色彩生活を目指してアパレルファッション、プロダクツ&インテリア、化粧品、学校等多業種の会員により構成されたカラーデザインに関する様々な活動をしている団体。
 1953年(昭和28)の創立以来、組織の形を変えながらも、一貫して最新のカラートレンド情報の提供を中心に、セミナーや講座、トレンドカラーの受託事業を行うなど、会員のために役立つ事業を行っている。特にカラートレンド情報については、長い歴史の中でカラー設計の指針としてその信頼性と的確性が広く認められている。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します