現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これは次期GT-Rを示唆!? 新型「リーフNISMO RC」は日産EV技術を集結させたモデル

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

これは次期GT-Rを示唆!? 新型「リーフNISMO RC」は日産EV技術を集結させたモデル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■世界で最も売れているEV車「リーフ」の走りを追求した究極の形

 2018年11月30日に、東京銀座にある日産ブランドのグローバル拠点『NISSAN CROSSING』で初公開された『新型NISSAN LEAF NISMO RC』。その、日産の電気自動車技術が実現したエキサイティングで静かなゼロ・エミッションの走りが、富士スピードウェイで披露されました。

    寝坊した新人OLが「GT-R NISMO」で激走! 凄腕ドラテク漫画が話題に

この新型「NISSAN LEAF NISMO RC」は、日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、最高出力と最大トルクは前型の2倍以上です。

 シャシの両端に搭載された2つの電動モーターで駆動し、その最大出力は240キロワット(各120キロワット)・最大トルク640Nmを発生。ドライブトレインの構成部品である大容量リチウムイオンバッテリーやインバーターなどには、市販モデルの日産「リーフ」技術を採用。

 また、多数の軽量部品に加え、フルカーボンファイバーのレーシングモノコック構造を採用することで、総重量をわずか1220kgに抑えることに成功し、優れたパワーウェイトレシオにより、0-100km/hの加速時間は前型の6.9秒をはるかに上回る3.4秒を実現。最高速は220km/hにも達します。

 そんな日産が生み出した究極の100%EVレーシングカー新型「NISSAN LEAF NISMO RC」の目指すEVの未来について、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社 代表取締役 兼 最高執行責任者(COO)の松村基宏氏は次のように話します。

「このクルマは、EVの未来などという高度な意味合いを持って作られた訳ではなく、インテリジェントドライビングとインテリジェントパワー、そしてインテリジェントインテグレーション。この3つの言葉が組み合わさって、ニッサン インテリジェント モビリティというコンセプトになっているのですが、そのドライビングの部分にフォーカスしたら、どんなクルマが作れるかという1つのコンセプトからのエクスプレッションなんです。

 今回のモデルで反響を見て、将来の日産のクルマはこういうモデルにも需要があるので、『もっと楽しめるEVがあってもいいのではないか』という意見が出るようであれば、当然のことながら、EVのスポーツモデルを作っていく可能性はあります」

 あくまで、新型「NISSAN LEAF NISMO RC」は、日産のEV技術を走りに特化させたコンセプトモデルであることを強調していました。

■リーフの走りを追求したレーシングコンセプト

 説明会終了後は、開発ドライバーである松田次生選手によるデモランが行われました。「NISSAN LEAF NISMO RC」はレーシングカーとはいえ、100%EVモデルです。

 モータースポーツの醍醐味と言える、迫力ある動力サウンドに期待することなくコースサイドで待っていると、ジェット機が滑走路を走っているような少し高音域の大迫力モーターサウンドとスキール音が会場に響き渡ります。

 そのクイックなコーナリングは、GTマシンに引けを取らないだけでなく、加速性能はそれ以上かもしれないと感じられるほどです。

 松田選手と「NISSAN LEAF NISMO RC」のハイパフォーマンスなデモランを目の当たりにした後は、メディア向け試乗会。

 運転席に乗り込みEV特有の加速の速さとブレーキングに慣れてくると、体感したことのないハイパワーを操る感覚が逆に新鮮で面白く、文字通り“思い通り”に動いてくれる、ハイパフォーマンスマシンでした。

 新型「NISSAN LEAF NISMO RC」のデザインは、細部まで見ると日産「リーフ」そのもので、モーターやバッテリーなどの技術を流用しているとはいえ、スポーツイメージとは程遠いファミリーカーである「リーフ」のデザインに、日産は何故こだわるのでしょうか。

 前出の松村氏は、「100%電気自動車というのは、日産ではリーフしかないので、『5ドアハッチバックで実用性の高いリーフ』、『リーフにスポーティーなチューニング加えたリーフ ニスモ』、そのさらにスポーティーなレーシングコンセプトを作るとどうなるのかと考えた結果が『NISSAN LEAF NISMO RC』となりました。

 また、『NISSAN LEAF NISMO RC』はニスモとともに開発し、その目的はレースカーと生産モデルの間の関連付けをすることで、フォーミュラーEカーと通常のリーフ、リーフニスモとニスモRC、これらのクルマの関連性を見ていただく為です」と説明しています。

 レーシングカーと市販モデルの関連性の象徴としての役割も果たす新型「NISSAN LEAF NISMO RC」の生産台数は、全部で6台。今後、フォーミュラーE選手権や世界各国で行われる主要モーターショーなどのイベント会場で展示される予定です。

 また、デモンストレーションレースなど、EVのもっとワクワクする使い道を模索中とのことで、日産のEV活動から目が離せません。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 先川知香)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します