現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 景色を楽しみグルメも満喫 絶景が見える人気の「道の駅」5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

景色を楽しみグルメも満喫 絶景が見える人気の「道の駅」5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■全国1145か所の「道の駅」から眺めの良い5つを紹介

 2018年4月の時点で、全国に1145か所ある「道の駅」は、観光などで訪れる道路利用者や、地域の人々のための「情報発信機能」を持つ休憩施設です。

    全国「道の駅」ランキング1位は名物グルメ充実で景観も良いあの人気施設

 自由に立ち寄って利用できる道の駅の中には、休憩ついでに、美しい景色を見ることができるところもあります。

 今回は、その中から眺めの良い人気の道の駅を5つ紹介します。

●道の駅 うずしお(兵庫県南あわじ市)

「道の駅 うずしお」は「日本で一番うずしおに近い道の駅」と公式ページでもアナウンスしているように、陸上からの観潮スポットとして人気です。

 夕方になると、鳴門海峡を挟んだ対岸の徳島側に沈む夕日がきれいに見えることも有名です。ただし、うずしおには見ごろの時間がありますので、お出かけ前にチェックしてみてください。

 また、併設するレストランでは新鮮な魚料理や人気のご当地グルメなどを味わうことができます。

「淡路島オニオンキッチン 本店」では、2013年度「全国ご当地バーガーフェスタ」グランプリ、2014年度に2位を受賞した「あわじ島バーガー」が味わえます。

「一流の田舎料理の提供を目指すレストラン」とアピールする「道の駅うずしおレストラン」では、淡路島近海の白身魚だけを使った「白い海鮮丼 今日のネタなんですか?」や淡路島の食材が堪能できる「淡路ビーフのすき焼き鍋」などを味わうことができます。

 さらに、冬ならとらふぐを使った「淡路島3年とらふぐ会席」、春には「淡路島生しらす」など季節に合わせた料理も味わうことができます。なお、お食事の場合の営業時間は10:00から15:30(L.O.)ですが、来店状況により延長もあるようなので、事前に確認をお忘れなく。

●道の駅 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)

「伊豆・伊東で1日中楽しめる観光施設」と説明する「道の駅 伊東マリンタウン」は、伊豆の観光案内はもちろん、潮風に吹かれながら食事ができるレストランが人気です。

 マリーナが併設されている(利用には予約が必要)ので、海を眺めるのが好きな人にもおすすめの道の駅です。

 また、伊豆の海の中を見ることができる海中展望遊覧船「はるひら丸イルカ号」や、船上から海を満喫できる半潜水式海中展望船「ゆーみんフック」などの遊覧船の船着場「ポートセンター」も隣接しています。

 全長417.5mの防波堤を利用した遊歩道「伊東マリンロード」はインスタ映えスポットとして最近人気を博していて、ほかにも全長43メートルもある屋外足湯「あったまり~な」や、地下1000mから湧き出る温泉を、海を一望できる階段状の大浴場と露天風呂で楽しめる「シーサイドスパ」もあります。

 施設内のおみやげ屋で新鮮な野菜や「金目姿煮」(2360円:消費税込、以下同様)などが買えるのも伊東ならではでしょう。

■絶景を拝みながらBBQも楽しめる道の駅も!

●道の駅 よしうみいきいき館(愛媛県今治市)

 西瀬戸「しまなみ海道」へのお出かけで利用されることが多い「道の駅 よしうみいきいき館」は、施設の前から壮大な来島(くるしま)海峡大橋の姿を圧倒的な迫力で拝むことができる人気スポットです。

 旅行情報サイトの口コミをもとにした「旅好きが選ぶ! 道の駅ランキング2018」で15位に選ばれています。

 施設の前に常設テントがあり、道の駅内で売られている地元産の新鮮な魚介類を購入して炭火で焼いていただくことができる七輪バーベキューコーナーも人気です。

 例年12月から翌3月までは、鯛めしや汁物も付いた新鮮な獲りたての「七輪焼き牡蠣食べ放題」(90分間、大人:3240円、子供:2160円)や、日本三大急潮に数えられる来島海峡で育ったことで、自然と身が締まってコリコリとした「来島鯛のお造り」も味わうことができます。

 運営元の株式会社しまなみでは、日露戦争前にロシア海軍の瀬戸内侵攻にそなえて小島に造られた「芸予要塞跡」や、来島村上水軍の本拠地として知られている「村上水軍居城跡」などの史跡巡り、遊漁船に乗ってレジャーフィッシングを楽しむツアーなどを、希望に応じて作成してもらうことができます。

●道の駅 小豆島オリーブ公園(香川県小豆郡小豆島町)

「道の駅 小豆島オリーブ公園」は、約2000本のオリーブ畑に囲まれた道の駅で、写真と島旅を楽しめる施設です。

 瀬戸内海を見下ろす小高い丘にある白いギリシャ風車や、オリーブの歴史に触れることができる「オリーブパーク」など、小豆島訪問のひと時に、のんびりと過ごしたい人におすすめの道の駅です。

 イングリッシュガーデンに囲まれた「魔女の宅急便」のロケセットが人気で、公園内を持ち歩ける「魔法のほうき」が無料レンタルされるなど、最近ではインスタ映えを狙って写真を撮影する人も増えているようです。

 また、光あふれるエーゲ海をイメージした地中海風ロッジ「オリベックスうちのみ」に宿泊することも可能です。瀬戸内海を一望できる絶好のロケーションで別荘気分を味わえますし、隣接の「サン・オリーブ温泉」(水曜休館日)でドライブの疲れを癒すといった使い方もできます。

■道の駅から日本夕日百選に選ばれたビーチも見れる!

●道の駅 象潟「ねむの丘」(秋田県にかほ市)

「道の駅 象潟(きさかた) ねむの丘」は東北最大級の約20000坪の敷地を有し、東に鳥海山・九十九島、西に日本海・飛島・男鹿半島が拝めるロケーションです。

 無料で利用できる建屋6Fの展望塔から、日本海と鳥海山、陸の松島が360度見渡すことができ、夕暮れには、象潟海岸の美しい夕陽を眺めることもできます。また、4Fの眺望温泉「眺海の湯」からは、晴れた日には男鹿半島まで見わたすことができます。

 日本海に沈む夕陽を眺めながら食事ができるレストラン「眺海」では、「海鮮丼」(1440円)や「比内地鶏丼」(1080円)などの丼ものや、「秋田由利牛ステーキ定食」(2500円)、「刺身定食」(1250円)などの定食、「秋田由利牛カレー」(950円)や「かきフライカレー」(860円)などを味わうことができます。

 冬には、「ハタハタ鍋」(11月下旬~1月中旬)や「きりたんぽ鍋」(11月下旬~3月中旬)、「鱈鍋」(1月上旬~2月中旬)、「すき焼き(秋田由利牛)」(冬期限定)などを食べることができます。

※ ※ ※

 今回、5ヶ所の道の駅を紹介しましたが、その他にも、日本夕陽百選に選ばれた岐久海岸(通称:キララビーチ)に沈む夕陽が美しい「道の駅 キララ多伎」(島根県出雲市)や、小高い大野原台地の西北端にあり筑後平野を一望できる「道の駅 うきは」(福岡県うきは市)など、魅力的な道の駅はたくさんあります。

 お立ち寄りの際は、ドライブの前に道の駅の情報もチェックして楽しむのはいかがでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します