現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 渾身の一作、エクリプスクロス…森口将之【日本カーオブザイヤー2018-19】

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.10

渾身の一作、エクリプスクロス…森口将之【日本カーオブザイヤー2018-19】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」はボルボ『XC40』が選出された(7日、主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。選考委員の森口将之氏は「すべてに三菱らしさが注ぎ込まれた」として、『エクリプスクロス』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された森口氏のコメント。

    アメリカ映画の主人公になったつもりで、絶滅危惧車のエクリプスをチェックしよう!

☆☆☆

数あるSUVの中でも、エクリプスクロスのデザインはひと目で分かる。大胆なウエッジシェイプを基調としたフォルムは、ルーフ中央と左右でカーブを変えたり、ドアハンドルをキャラクターラインに合わせて角度をつけたり、リアウインドーを視界確保のために上下2段として間にリアコンビランプを入れたりと、随所にこだわりの造形が施してあって飽きることがない。しかも直線基調のウエッジシェイプは、1970~80年代にヒットした三菱のスポーツ車とも通じる。

1.5リッターの直列4気筒ターボエンジンとCVTの組み合わせは、あらゆるシーンで自然な反応と十分な加速を示す。それ以上に印象に残るのが、かつての三菱車を連想させる強靭なボディと硬めのサスペンションが生み出す、乗り心地とハンドリングのバランスである。加えてこのブランドが熟成してきた電子制御の4WDシステムは、舗装路のみならずオフロードでも威力を発揮する。デザインから走りまで、すべてに三菱らしさが注ぎ込まれた渾身の一作と言える。

☆☆☆

森口氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・カローラスポーツ:2点

マツダCX-8:6点

三菱エクリプスクロス:10点

ボルボXC40:5点

フォルクスワーゲン・ポロ:2点

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • a12*****|2018/12/10 20:28

    違反報告

    >リアウインドーを視界確保のために上下2段として間にリアコンビランプを入れたり
    これってさ、赤いボディカラーだと、真後ろから見たらリアウイングが装着されてるように見えるんだよね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します