現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWグループ、自動運転の開発を強化…2019年1月に新たな副社長が就任へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.10

BMWグループ、自動運転の開発を強化…2019年1月に新たな副社長が就任へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWグループ(BMW Group)は12月7日、Alejandro Vukotich氏が2019年1月1日付けで、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)担当の新たな上級副社長に就任すると発表した。

BMWグループは2018年秋、先進運転支援システムと完全または部分自動運転に関する開発能力を、ひとつの拠点に集約し、ドイツ・ミュンヘン近郊のウンターシュライスハイムに自動運転キャンパスを開業した。これは自動運転や先進運転支援システムの開発の強化が目的で、今回の上級副社長の任命もその一環となる。

    峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!

BMWグループの自動運転キャンパスでは現在、BMWグループとFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、インテル、モービルアイなどの主要パートナーから、およそ1300名のスペシャリストが働く。高度に自動化されたレベル2~5の自動運転のための技術の開発に取り組んでいる。

BMWグループは2021年、新たなテクノロジーの先駆けとなる『i NEXT』(コンセプトカーの『ヴィジョン iNEXT』の市販版)を発売する予定だ。同車には、レベル3以上の自動運転技術の搭載を計画している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します