現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大学生でも買える!? 50万円のオススメ中古スポーツカー5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.10

大学生でも買える!? 50万円のオススメ中古スポーツカー5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマ離れが進むのは魅力的なクルマが減っているからだ、若者でも買いやすいスポーツカーがないからクルマの楽しさが伝わらないという意見を見聞きすることがある。ロジカルに考える賢い若者がクルマを買おうと思わないのは理にかなっていると感じる部分もあるが、スポーツカーが持つエモーショナルな部分を知らないまま「クルマなんて不要だ」と切り捨てているのでは、もったいないと思う。そこで、50万円以下で流通している中古のスポーツカーをピックアップしてみた。この予算なら大排気量モデルからライトウェイトスポーツまでがターゲット、選択肢は多彩だ。文・山本晋也

「マツダ RX-8」最後のロータリーエンジン搭載モデル

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

※写真は北米仕様
いろいろと噂は独り歩きしているが、現時点で最後のロータリーエンジンを搭載した市販モデルとなっているがマツダ RX-8。
RX-7がグラマラスな2ドアクーペでロータリーターボを積んでいるのに対して、RX-8は観音開きのセダンボディでエンジンも自然吸気ということで、その希少性に対して価格は上がっていない。とくに2003年から数年のデビュー初期モノであれば20万円台のプライスタグを掲げているほどだ。
とはいえ、低価格で買える個体のほとんどは4AT車であり、スポーツカーとしては魅力薄かもしれない。しかし、実際に乗れば、ロータリーエンジンの独特なフィーリングや、適度に扱いやすいロングホイールベースのシャシー性能はスポーツカーとしての魅力を十分に持っている。


「日産 フェアレディZ」V6+FRの走りが楽しめる

現行のフェアレディZはモデルライフが10年になる長寿モデルだが、その先代モデルとなるZ33型フェアレディZは中古車価格もこなれており、諸費用込みでも50万円以下で手に入れることができる。その価格で、3.5L V6エンジンでリアタイヤを駆動する大排気量FRの走りが楽しめる。
こちらも低価格で流通している個体は5ATが多くなるが、スポーツカー気分を味わうのであれば、ATでも十分。初期型のV6エンジンは37.0kg-mとZ33型の3.5Lエンジンとしてはもっともトルクフルで、むしろATで乗りこなすのも一興だ。


「ホンダ CR-Z」スポーツハイブリッドを提案

2010年に誕生、2017年まで生産されていた、ホンダのスポーツハイブリッドカーがCR-Z。1.5Lエンジンにモーターアシストを加えたパワートレインでフロントタイヤを駆動するハッチバックモデルで、トランスミッションはCVTと6MTが用意されていた。
つい最近まで作られていたモデルゆえに古臭い感じもないし、ハイブリッドカーだけに燃費性能についても現代的な視点で満足いく。そんなCR-Zも初期型であれば諸費用込み50万円で十分に購入可能なゾーンに入っている。
スポーツカーとして注目したいのは、フロントのトレッド1,515mmに対してホイールベースが2,435mmと短いこと。トレッド/ホイールベース比が1.6というのはスポーツカーの黄金比ともいわれるほどで、このクルマのスタイルはスポーツカーの条件を十分に満たしている。


「トヨタ アルテッツァ」チューニング次第で化ける

※写真はレクサスIS300
1998年のデビュー時には「AE86の再来」といわれたトヨタのFRスポーツセダン。海外ではレクサスISとして売られていたクルマだけに、さすがにAE86の再来というほどプリミティブではない。
そのため期待外れと批判されたこともあるが、2.0Lながら220PSを発生した4気筒エンジンと6MTのパワートレイン、四輪ダブルウィッシュボーンのサスペンションなど素材としては、たしかにAE86的な部分がある。
弱点はあるが、チューニング次第で化けるポテンシャルを持っている。過走行にはなるがMTの個体であっても手頃な価格で流通している。


「スズキ スイフトスポーツ」超軽量ホットハッチ

スイフトスポーツといえば、日本を代表するホットハッチとなっているが、その初代モデルといえるのが、2003年から2005年までの短い期間だけ発売されていた、このHT81S型だ。
軽自動車のアーキテクチャを基本としているボディに、1.5Lエンジンを搭載しているため、攻め込んでいくとネガを感じる部分もあったが、車両重量930kgという超軽量ホットハッチであることの魅力は何物にも代えがたい。その軽さを活かしたチューニング次第では、現行モデルをカモることも不可能ではない。
なお、MTだけのラインナップだった。生産期間が短かったために中古市場で見かけることは少ないが、もともと120万円を切る価格だったこともあり、かなりお手頃価格で流通している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • vis*****|2018/12/10 12:18

    違反報告

    「2.0Lながら220PSを発生した4気筒エンジンと6MTのパワートレイン、四輪ダブルウィッシュボーンのサスペンションなど素材としては、たしかにAE86的な部分がある。」
    どこがAE86的なのかが分かりません…
  • uru*****|2018/12/10 12:25

    違反報告

    買えるけど維持が難しい

  • kt_*****|2018/12/10 12:24

    違反報告

    まぁ、買えるとは思うけど維持費が掛かる。
    特にスポーツカーなら割高だ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します