現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 基本性能を追い求めた クラウン…木下隆之【日本カーオブザイヤー2018-19】

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.10

基本性能を追い求めた クラウン…木下隆之【日本カーオブザイヤー2018-19】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の木下隆之氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された木下氏のコメント。

    70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?

☆☆☆

高級セダンとしての上質な完成度はもちろんのこと、ボディ剛性を高め、低重心化や重心のセンターへの集中など、走行性能に直結する基本性能を追い求めた点を高く評価しました。

☆☆☆

木下氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・クラウン:10点

三菱エクリプスクロス:3点

アルファロメオ・ステルヴィオ:8点

ボルボXC40:2点

フォルクスワーゲン・ポロ:2点

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します