現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エクリプスクロス は上質を追求できる…大谷達也【日本カーオブザイヤー2018-19】

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.10

エクリプスクロス は上質を追求できる…大谷達也【日本カーオブザイヤー2018-19】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『エクリプスクロス』には三菱自動車のコアバリューが遺憾なく盛り込まれているという。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の大谷達也氏はエクリプスクロスに満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された大谷氏のコメント。

    アメリカ映画の主人公になったつもりで、絶滅危惧車のエクリプスをチェックしよう!

☆☆☆

エクリプスクロスは、三菱自動車のコアバリューである4WD技術が遺憾なく盛り込まれたSUVの佳作だ。

なにより、操る楽しさという面で不利とされる4WDを用いて、ここまでスポーティなハンドリングに仕上げたことを賞賛したい。ワインディングロードを走ったときの印象はいかにも軽快で意のままにコントロールできるいっぽう、スポーティさを強調するあまり過敏なハンドリングとしなかったことには強い共感を覚える。扱いやすさと安定感、さらには乗り心地とのバランスが優れているところもエクリプスクロスの美点だ。

しかも、ただオンロード性能を高めただけでなく、オフロード性能がしっかりと追求された点も評価したい。このことは、前輪駆動ベースのプラットフォームでありながら後輪にも大きな駆動トルクを伝達できるよう工夫されている点に、とりわけ強く表れている。

250万円台から手に入る価格も大きな魅力のひとつ。内外装の質感を高めればプレミアムブランドと競合できるほどのポテンシャルを秘めているので、三菱自動車には今後、上質さの追求にも取り組んで欲しいと願う。

☆☆☆

大谷氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・カローラスポーツ:2点

ホンダ・クラリティPHEV:6点

三菱エクリプスクロス:10点

BMW X2:4点

ボルボXC40:3点

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、ボルボXC40が363点でイヤーカーに選ばれた。次点はトヨタ『カローラスポーツ』の314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • k11*****|2018/12/10 15:06

    違反報告

    エクリプスクロスは買い得だと思う❗この価格で
    これだけの運動性能を持っているクルマは他にない。ターボとミッションの出来も良く、久しぶりに運転して楽しいクルマに出会えた、又大きさもちゃんと日本向けに造られているクルマだと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します