現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > グルメに温泉、遊園地に絶景まで いまオススメの超人気「道の駅」5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.8

グルメに温泉、遊園地に絶景まで いまオススメの超人気「道の駅」5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■だれもが楽しめてオススメできる道の駅5つを紹介

 クルマでドライブを楽しむ方なら、一度は「道の駅」に立ち寄ったことがあるでしょう。「道の駅」は自由に立ち寄って利用できる、快適な休憩のための空間でありながら、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅をきっかけに町と町とが手を結んで活力ある地域づくりを行うための「地域の連携機能」も併せ持つ休憩施設です。

    ハイウェイホテルって知ってる!? 車中泊より断然快適「高速道路の宿泊施設 5選」

 道の駅は、市町村またはそれに代わり得る公的な団体が設置、登録は市町村長からの登録申請で国土交通省が登録します。整備の方法は道路管理者と市町村長等で整備する「一体型」と 市町村で全て整備を行なう「単独型」の2種類があり、平成30年4月の時点で全国に1145施設、そのうち一体型は624施設、単独型が521施設となっています。

 なお、道の駅の登録要件は、以下のように定められています。

○休憩機能・駐車場 利用者が無料で24時間利用できる十分な容量を持った駐車場・トイレ 利用者が無料で24時間利用できる清潔なトイレ 障がい者用も設置○情報発信機能 道路及び地域に関する情報を提供(道路情報、地域の観光情報、緊急医療情報等)○地域連携機能 文化教養施設、観光レクリエーション施設などの地域振興施設○設置者 市町村又は市町村に代わり得る公的な団体○その他配慮事項 施設及び施設間を結ぶ主要経路のバリアフリー化

 また、地域活性化の拠点として、とくに優れた機能を継続的に発揮していると認められる『全国モデル「道の駅」』や、特定のテーマについて道の駅の質的向上に資する全国の模範となる取組みを行なって、その成果が認められた『特定テーマ型モデル「道の駅」』などの認定もあり、それぞれが特長をもって運営されています。

 そんな数ある「道の駅」の中から、人気があり、さまざまな観点からオススメしたい「道の駅」5つを紹介します。

●道の駅 むなかた(福岡県宗像市)

「道の駅 むなかた」は、JA宗像・宗像市商工会・宗像漁業協同組合・宗像観光協会・宗像市の5団体が出資して設立した「株式会社道の駅むなかた」が運営していて、新鮮な魚介が大人気の道の駅です。

 白砂青松100選にも選ばれた樹齢200年以上の黒松の並木が5kmにわたって続いている「さつき松原」も近くにあり、釣川の河口からは玄界灘が一望できます。玄界灘の荒波で揉まれた活きのいい海産物や、宗像の自然の恵みで育まれた農産物が販売されています。

 しかしながら、人気食材は売り切れてしまうことも多いようです。当日の鮮魚・水産物や農産物の入荷状況はホームページで紹介されていますので、お出かけの前にチェックしてみてください。

 レストランでは宗像産の食材にこだわった漁家料理と農家料理が提供されていて、新鮮な「海鮮丼」などを味わうことも出来ます。

■関東道の駅ランキングで7年連続1位に輝いた「道の駅」

●道の駅・ハイウェイオアシス ららん藤岡(群馬県藤岡市)

「道の駅・ハイウェイオアシス ららん藤岡」は「関東好きな道の駅ランキング」で2009年~2015年まで7年連続1位に選定された道の駅です。 「藤岡パーキングエリア」併設の道の駅で藤岡ICに近く、上信越自動車道で休憩する際におすすめです。ただし、長野方面から来た場合は高速道路PAとして利用できますが、藤岡ICでは下りることができませんので注意が必要です。

 施設内には観覧車やメリーゴーランド(ともに一回100円)、コイン遊具などがあるミニ遊園地や、噴水、小川があり、初夏~初秋にかけて水遊びも出来ますので、小さなお子さん連れのファミリーにも人気があります。

 農産物直売所はもちろん、食事処も数多くありますので、何を食べようか迷ってしまうかもしれません。

 毎年10月下旬から1月下旬の間は、一般道からも高速道路(上信越道上り線)からも見ることができるイルミネーションも実施していますので、長野から東京に戻る人の休憩にはぴったりです。

●道の駅 もてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)

「道の駅 もてぎ」は、真岡鐵道のSL見物や「ツインリンクもてぎ」などへのアクセスポイントとしてのゲートウェイ機能を持った道の駅で、フードコーナー、野菜直売所、イベント広場などが用意されています。

 道の駅が農家から柚子など農産物を全量買い取り、手作業での加工やオリジナル商品(33種類)の開発や販売をして、利用客数、販売額は10年間で1.3倍にも増加しています。地域のにぎわいの拠点になっているとして『全国モデル「道の駅」』にもなっています。

 毎週土・日・祭日には、真岡鉄道のSLを間近で見ることができるだけでなく、施設内の「手打ちそば わっぱ飯 桔梗」で店内からSLを見ながら「そば」や「わっぱ飯」を食べることもでき、SLの通過時刻に人気のスポットになっています。

 また防災力向上のための防災館を併設して、平時からの防災啓発に活用するなど、地域の防災拠点となっていたり、道の駅の商品をふるさと納税のお礼として地域PRに活用しています。

■リーズナブルな入浴料で日帰り温泉が楽しめる「道の駅」

●道の駅 雫石あねっこ(岩手県岩手郡雫石町)

「道の駅 雫石あねっこ」は岩手と秋田の県境で緑連なる山あいにあり、休憩スポットとしても人気です。「産直しずくいし」や「物産しずくいし」での農産・畜産品、日本酒・加工品・お菓子・工芸品からハーブまでの買い物はもちろん、そば処や雫石の食材をふんだんに使ったアイデアメニューが4店舗の食事処で楽しめます。

 また、日帰り温泉「橋場温泉 新はしばの湯」(大人・中学生以上 510円、子供 300円 未就学児は無料)も併設されています。温泉質はアルカリ性単純泉で美肌に効果的なので、純粋に日帰り温泉としての利用もいいですし、ロングドライブの疲れを癒すのにも良いでしょう。

 また、歩いて2分の場所に25区画整備された「ひたきオートキャンプ場」があり、道の駅の温泉が利用できるので、レジャーシーズンには釣り客やファミリーキャンパーで賑わっています。

●道の駅 あわじ(兵庫県淡路市)

「道の駅 あわじ」は明石海峡大橋の真下にあるので、海峡大橋を下から眺められる立地が好きと言う方もいる人気スポットです。

 橋を見渡せる広場など敷地がとても広く、おみやげ店では自社工場を持っているので、海産物加工品、農産物、佃煮類、たまねぎ加工品などの自社製造品を中心としたここでしか買えない お土産や、鮮魚、干物、練り製品、地酒なども沢山あります。

 2階のレストラン「海峡楼(ミラドール)」では明石海峡大橋を眺めながら、海鮮や淡路牛を使った食事も楽しめ、期間限定でいただける淡路島名物の「生しらす丼」(1380円)がとくに人気です。

 低価格で食事を提供している「海千館」では、「淡路の鯛ご飯 玉子かけ」や「寒ブリ丼」が850円とリーズナブルなだけでなく、明石焼や名物の玉ねぎの天ぷらやコロッケなど、淡路島ならではの軽食も販売していますし、いけすもあるので鮮魚の販売(宅配便での発送も可能)も行なっています。

※ ※ ※

 オススメの道の駅を5か所紹介しましたが、かつては道の駅というと高速道路のPAのようなイメージで、単に休憩する場所といった扱いでした。しかし、いまでは食事や、買い物、景色を楽しむスポットとして充実した道の駅が増えています。

 目的地までの途中に位置するのが道の駅でしたが、道の駅そのものを目的地として訪れる方も多くなり、各道の駅はより一層のサービス向上を心がけているそうです。

 今回紹介した以外にも魅力的な道の駅もたくさんありますから、ドライブに出かける際には、事前に道の駅の情報も調べてみると、より楽しむことができそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します