現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 価格据え置き 排気量アップ!! デミオはマツダの良心なのか 

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.7
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デミオが2018年8月にマイナーチェンジした。しかもコンパクトカーなのに排気量アップという攻めの展開。

 電動化全盛の時代になぜマツダはこのようなマイナーチェンジを敢行したのか。しかもお値段据え置きというではないか。

 今回はライバルのフィットを連れ出してインプレッション。

文:鈴木直也/写真:平野学


ベストカー2018年12月10日号

■電動化の波に乗らないマツダの「らしさ」

 マツダのユニークなところは、バブルともいえる電動化ブームのなかでも自分の主張を曲げないこと。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tor*****|2018/12/07 09:31

    違反報告

    レンタカーで乗った時まず運転席周りの質感に驚き、オルガン式ペダルに驚いた。
    6ATの小気味良い変速もあって運転も楽しい。
    本気で欲しくなって本当に買っちゃったよ。
  • im7*****|2018/12/07 09:50

    違反報告

    マツダ的に1300は廃止して1500に一本化する方がコスト的に良かったからだけだったりして。
    そんな気がする

    デミオのためだけに1300のエンジン作る方がコストかかるんでしょ?
  • myk*****|2018/12/07 10:03

    違反報告

    筆者は甘いな!1人乗車だけでのコメントも有りだろうが、5人乗車時にその違いが分かる!1.5Lなら馬力に余裕ありスムーズに走れる。次回は乗車人数を変えたコメントを書きなさい。そう言うコメントを書いた著者は余りいないよ!