現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス LS500、ECU不具合でエンストのおそれ リコール

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.6

レクサス LS500、ECU不具合でエンストのおそれ リコール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は12月5日、レクサス『LS500』のエンジン制御用コンピュータ(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年10月11日~2018年9月14日に製造された4770台。

ECUの制御プログラムが不適切なため、アイドリングストップ直後の再始動時にエンジンの吸入空気量を正確に算出できないことがある。そのため、エンジン回転が不安定となり、最悪の場合、エンストするおそれがある。

    セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

改善措置として、全車両、ECUのプログラムを対策仕様に修正する。

不具合は3件発生、事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • wit*****|2018/12/06 13:12

    違反報告

    9月14日以降の製造から何かが変わっているという事?
  • sss*****|2018/12/06 12:52

    違反報告

    天下のレクサスLS確か最低グレードでも1000万近くすのですよね、それがエンスト 信号待ちで止まったら間違いなしに笑われもんですね。新型LS前にも何かあったような気がするけど?安くないんだからしっかりお願いしますよトヨタさん。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します