現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW R1250GS / R1250RTを発売へ…全面改良型ボクサーエンジン搭載

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.4

BMW R1250GS / R1250RTを発売へ…全面改良型ボクサーエンジン搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、全面的に改良されたボクサー・エンジンを搭載したBMWモトラッドの新型『R1250GS』および 『R1250RT』を12月22日より発売する。

両モデルが搭載する改良型の水冷ボクサー・エンジンは、吸気バルブのタイミングとリフト量を可変制御する「BMW ShiftCam(シフトカム)」テクノロジーをBMWの量産二輪車で初めて採用。排気量は従来の1169ccから85ccアップして1254ccとなり、最高出力は136ps/7750rpm(従来は125ps/7750rpm)、最大トルクは143Nm/6250rpm(従来は125Nm/6500rpm)に向上した。

    “日本向け”新型BMW 3シリーズのアピールポイントは「走り」じゃなかった

また、カムシャフトの駆動を従来のローラー・チェーンからサイレント・チェーンに変更したほか、オイル供給システムの最適化、ツイン・ジェット・インジェクターや新型エグゾースト・システムの採用など、エンジンを大幅に改良。幅広い回転域での安定した駆動力、排出ガスや燃費の改善、官能的なサウンドを実現した。

装備面では、GSでは4つの走行モード「Rain」「Road」「Dynamic」「Enduro」を、RTでは3つの走行モード「Rain」「Road」「Dynamic」 を標準装備。また、どちらのモデルもトラクションを最適化して高い走行安全性を確保するダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)、坂道発進時にライダーを支援するヒル・スタート・コントロール(HSC)を標準装備した。また、R1250GSには、速度や回転数、ナビ、電話、メディアなどの情報を表示する6.5インチTFTカラーディスプレイやLEDヘッドライトを標準装備した。

ETC2.0標準装備で、価格はR1250GSが251万円、R1250RTは284万9000円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します