現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型ジムニーのもたつく走り出しを一発解決!レスポンスブースターフルオートとは?

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.3

新型ジムニーのもたつく走り出しを一発解決!レスポンスブースターフルオートとは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく納車も始まって街中でも見かけることが増えてきた新型ジムニー。読者の中にもすでに納車されてドライブを楽しんでおられる方もいるかもしれません。実際に乗ってみると、最初は新車のテンションでウキウキ乗っていたけれど、慣れてくると「もう少しレスポンスよく加速してくれたらなあ」と思うこともあるのではないでしょうか?

先代ジムニーと現行モデルの違い

    シエクルのレスポンスリングは本当にトルクアップするのか?評価・効果は?

先代のジムニーだとアクセルペダルにワイヤーが繋がっていて、アクセルを開ける量に応じてワイヤーが引っ張られてスロットルが開くというアナログな仕組みだったので、鋭い加速が欲しいときはガバっとアクセルを踏み込めばそれに対してリニアに加速をしてくれました。
しかし新型ジムニーはアクセルの踏み加減をセンサーが感知して、スロットルを開ける仕組みになっています。
実はこれがくせ者で、燃費の向上などを考慮してあえてスロットルの開度を抑えてしまい、アクセルを全開にしても必ずしもスロットルも全開になるわけではなく、結果的にイメージよりもレスポンスが悪く感じてしまうというワケなのです。

エンジンに直接手を入れないチューニング?

そこでオススメしたいのが、シエクルからリリースされたスロットルコントローラー「レスポンスブースターフルオート」です。
これを装着することで、アクセルの踏み込み量に対するスロットル開度をスポーツモード7種類、オートモード4種類、エコモード1種類、そしてパワープラスモード1種類の中から選ぶことができるようになります。
もちろんノーマルモードも用意されているので、すぐに元の状態に戻すことも可能となっています。

もちろん、エンジン本体に手を入れるといった類のものではないため、耐久性などには一切影響がないのもチューニングとは違うところです。装着も車種別専用ハーネスが用意されているので簡単なのも嬉しいポイント。電装品の装着経験がある人であればDIY作業もそう難しいことではないでしょう。

アクセル操作一つでパワーモードオン

さらにレスポンスブースターフルオートの大きな特徴として走行中でも瞬間的にアクセルを踏み込むことでスロコンOFFからスロコンON(任意のモード)やパワープラスモードとの切り替えができる機能が追加されています。
コントローラーを操作しなくても切り替えられるため安全性も担保されますし、追い越し時や合流時に瞬間的にパワープラスモードで大きな加速感を得るなんてことも自由自在なのです。

燃費はどうなの?

ちなみに、スロコンを装着することで燃費の悪化を懸念する人もいらっしゃるかもしれませんが、チューニングのようになにかを犠牲にしてレスポンスをアップするものではないので、その心配はご無用です。
むしろ純正状態ではレスポンスが悪いとアクセルを踏み込んでしまうので、アクセルを踏み込まなくても加速するようになって逆に燃費が向上したユーザーもいるとのことです。

実際に装着してみた

最後に実際にレスポンスブースターフルオートを装着したジムニーに乗ってみました。こちらは5速MTモデルだったため、ノーマル状態では信号からの発進や追越などで低速で引っ張ったり、一度シフトダウンしてしまうようなシーンもありましたが、装着後はアクセル開度にリニアに加速してくれるため、わざわざ引っ張ったりシフトダウンをしなくても思い通りの加速をしてくれるという印象に代わりました。これはジムニーだけでなく、最近のカタログ燃費を追求した車両すべてに装着してもらいたい一品と言えそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します