現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ、スマアシ搭載車両の累計販売200万台突破 初搭載から6年

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.3

ダイハツ、スマアシ搭載車両の累計販売200万台突破 初搭載から6年

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは、同社が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2018年11月末時点で200万台を突破したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月に発売した『ムーヴ』改良新型で初搭載。軽自動車初採用となる衝突回避支援ブレーキなど、先進デバイスをリーズナブルな価格で提供した。2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」へ進化。さらに2016年11月には、世界最小の小型ステレオカメラを搭載し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応する「スマートアシストIII」へと進化。さらに2018年5月には軽商用車『ハイゼット トラック』用の「スマートアシストIII t」を追加した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

現在は、軽自動車11車種、小型乗用車2車種の計13車種、乗用車から商用車まで、『コペン』を除くすべての車種に搭載している。現在スマートアシストの搭載比率は約8~9割。優れた機能とリーズナブルな価格で多くのユーザーから支持を得ている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します