現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ VFR800F、懐かしのインターセプターカラーを設定

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.2

ホンダ VFR800F、懐かしのインターセプターカラーを設定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、V4エンジン搭載の大型ツアラーモデル『VFR800F』および大型クロスオーバーモデル『VFR800X』のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備し、12月14日より順次発売する。

今回、VFR800Fには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージを高めた。そのほか、ヴィクトリーレッドを継続設定する。VFR800Xは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定とした。

    新型インサイト発売 オーソドックスにまとめられたが大きさと価格が気になる

また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップした。

価格はVFR800Fのヴィクトリーレッドが141万9120円、パールグレアホワイトが149万4720円。VFR800Xは147万3120円。なお、VFR800Fのパールグレアホワイトは2019年3月8日の発売となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します