現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダの電動PCXは企業・個人事業主向け! 電動二輪車「PCX ELECTRIC」のリース販売を開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.29

ホンダの電動PCXは企業・個人事業主向け! 電動二輪車「PCX ELECTRIC」のリース販売を開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hondaは、企業や個人事業主に向けて電動二輪車「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」のリース販売を11月30日(金)から開始する。

HONDA・PCX ELECTRIC

    ハーレー2019年モデル合同試乗会、四国初開催! 12/9(日)にマリンパーク新居浜にて 

 PCX ELECTRICは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」をベースに、新開発のコンパクトな電動パワーユニットを搭載した。

 モーターにIPM(Interior Permanent Magmet)構造※1を採用し、低回転からトルクのある特性を活かした力強くスムーズな発進性能と登坂性能を実現した。さらに、PCXシリーズの取り回しがしやすい車体サイズとゆったりとしたライディングポジションを継承することで、市街地などでの快適で上質な走りが可能となった。動力用電源に着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を2個用意するなど、一充電あたりの走行距離41km※2を実現。
 充電は車体に内蔵されたプラグを使用し、モバイルパワーパックを搭載した状態で外部電源※3に接続する方法のほか、モバイルパワーパックを車体から取り外し、単体で外部電源につないだオプションの専用充電器に接続する方法の2種類を採用することで、充電時の利便性に配慮している。


 また、電動二輪車に対するユーザーの多様な意見と要望を収集するため、PCX ELECTRICを用いたモニタリングを実施するほか、首都圏におけるバイクシェアリングサービスと、観光地でのバイクレンタルサービスの実証実験を、日本国内で2019年春から開始する予定だ。
 さらに、東南アジア地域でも法人向けのリース販売を予定している。また、フィリピンでの余剰電力活用システムの実証実験にPCX ELECTRICを使用する予定だ。

 このモニタリング、レンタルサービスおよびシェアリングサービスを通じて、ビジネスユースからパーソナルユースにわたる電動二輪車の利便性の検証と活用状況のデータを今後のさらなる開発に活かし、身近な電動二輪車の普及に向けた取り組みを邁進していく。

※1 磁石埋め込み型
※2 60km/h定地走行テスト値
※3 AC100Vコンセントに対応

【PCX ELECTRICの主な特徴】

■EVシステム

・新発売のEVシステムは、エネルギー密度の高いリチウムイオンバッテリーを採用した電圧48Vのモバイルパワーパック2個を直列に接続させた96V系のシステムだ。
・モーターは、エネルギー変換効率に優れ、発進時の低回転域でも高い出力を発揮するIPM構造を採用。スムーズな走行・登坂に必要な性能として最大4.2kW(定格出力0.98kW)のモーター出力を実現したほか、モーターの温度保護制御、細かな通電制御を行うことでモーターを冷却するオイルポンプやラジエーター、クラッチを不要とし、パワフルでありながらコンパクトなユニットである。
・モバイルパワーパックへの充電時間は、2個のモバイルパワーパックを車体に搭載した状態で車体側プラグを外部電源に接続する充電方法では、ゼロの状態から満充電まで約6時間※5。
 車体から取り外した単体のモバイルパワーパックを外部電源につないだオプションの専用充電器に接続する方法では、ゼロの状態から満充電まで約4時間※5。

※5充電時間は、コンセント接続時の定められた試験条件のもとでの値です。モバイルパワーパックの状態、充電時の環境、車両、装備などの諸条件により異なります。

■車体■

・PCXのラゲッジボックスに相当する部分に配したモバイルパワーパックと、リヤタイヤの可動スペースを両立させるため、ホイールベースを延長するとともに、PCXシリーズ初となるハガータイプのリヤフェンダーを採用。PCX同等の全長変更とパワーユニット側への取り付け位置を後方に移動したほか、3段階にレートが異なるスプリングを採用。モーターを含むリヤクッション下の懸下には、専用設計のパワーユニットの特性と相まって、上質な乗り心地に寄与している。
・ブレーキには、フロントのみが作動するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を採用している。

■スタイリング

・流麗で伸びやかなフォルムを基調に、フロントからリヤまで連続的に変化のあるボディー曲面で構成。省電力に寄与するLEDを採用した灯火器類は、ヘッドライトの上下に配したシグネチャーランプ(ポジションランプ)裏側のブラケットと、テールランプ点灯部のインナーレンズをブルーとし、消灯時にそれぞれの部位をブルーに見せるほか、パワーユニット後端部に装着されたハガータイプのリヤフェンダーを採用するなど先進性と特別感をさらに高めたスタイリングとしている。
・カラーリングは、電動二輪車のクリーンなイメージを演出する、パールグレアホワイトの1色を設定。各部に配した統一感のあるキャンディブルーのアクセントで車両全体の印象を引き締めるとともにPCX ELECTRICKの特別感をより高めている。

■その他の装備

メーターパネルには、EVシステムのさまざまな情報を分かりやすく表示。スピードメーターや時計に加え,モバイルパワーパックの残量計のほか、車体側プラグを使用した充電中に点灯する充電インジケーターなどを設定している。
・Honda SMART keyシステムを採用。スマートキーを携帯して車両に接近することで、衣類のポケットなどからスマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチの部の解施錠を可能としている。

■主要諸元

■主要諸元
通称名: PCX ELECTRIC
車名・型式: ホンダ・ZAD-EF01
全長×全幅×全高(mm): 1,960×740×1,095
軸距(mm): 1,380
最低地上高(mm): 132
シート高(mm)★: 760
車両重量(kg): 144
乗車定員(人): 2
一充電走行距離※6(km) 国土交通省届出値: 41(60km/h定地走行テスト値)<1名乗車時>
最小回転半径(m): 2.1
原動機形式・種類: EF01M・交流同期電動機
定格出力(kw): 0.98
最高出力(kW[PS]/rpm): 4.2[5.7]/5,500
最大トルク(N・mt[kgf・m]/rpm): 18[1.8]/500
メインバッテリー種類: リチウムイオン電池
メインバッテリー電圧/容量: 50.4V/20.8Ah×2個
バッテリー充電電源: AC100V(単相)
タイヤ: 前/100/80-14M/C 48P、後/120/70-14M/C 55P
ブレーキ形式: 前/油圧式ディスク、後/機械式リーディング・トレーリング
懸架方式: 前/テレスコピック式、後/ユニットスイング式
フレーム形式: ダブルクレードル

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社
※6 一充電走行距離は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象・渋滞等)や運転方法、車両状態(装置、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。一充電走行距離は、車速一定で走行した実測にもとづいた値です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します