現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【旧車】初代サニークーペ「名機A型エンジンを搭載した小さな傑作車」

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.29

【旧車】初代サニークーペ「名機A型エンジンを搭載した小さな傑作車」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1960年代に生まれ80年代まで作り続けられた日産のA型エンジン。ツーリングカーレースの主役でもあった名機は、ストックの状態で今なおファンの心を掴んで離さない。そんなA型エンジンを搭載した名車の1台が、ここで紹介するサニークーペだ。(ホリデーオート2018年10月号より)

丈夫なエンジンだからボディだけの修復で済んだ

初代サニーは1966年に発売され、その数カ月後にライバルであるカローラに追走される。プラス100ccの余裕がカローラの売り文句だったが、排気量差を感じさせないほどサニーのエンジンは力強かった。

ファストバックスタイルのクーペは、セダン発売の66年から2年経った68年に発売された。撮影車のオーナーS氏は、当時このスタイルが一発で気に入って購入した。その後は8年で16万kmも走った。その間トラブルはなく、実に丈夫なエンジンでもあった。

サニーの思い出が蘇ったのは1995年のこと。それまで新車登録から10年以上を経た古いクルマは車検の期間が1年だった。それが95年に改正されて2年に戻されたことで、古いサニーを維持できると考えたのだった。

再び手に入れたのは、新車で買った当時と同じクーペのデラックス。そのまま乗り出したがボディのサビが目立つ状態で家族からブーイング。そこで一念発起、自分で修復することにした。

錆びた部分を露出させ、サビを変換するPORという液剤を塗り込む。乾燥する前にガラス繊維を貼り付けボディラインを再現した。さすがに塗装は難しいので、知人の塗装工場で全塗装してもらった。

それから早くも20年以上経ったが、今でもこのサニーは輝くようなコンディション。古いクルマの場合、雨の日は走らせないオーナーが多いのだが、S氏は気にせず走ってしまう。自分でサビ処理したことが自信になっているのかもしれない。

また、ボディもさることながら、これはエンジンが丈夫だからこそ。譲り受けた時点で7年ほど車検が切れた状態だったのだが、キャブレターのオーバーホール程度でアッサリ蘇った。それからというもの、若い頃のように16万kmも走る勢いではないが、今なおエンジンは調子を崩すことはない。

古い設計のOHVだからか、まるで壊れる気配がしないというのもA型エンジンの魅力のようだ。
(文:増田 満/写真:井上雅行)

サニークーペ 主要諸元

●全長×全幅×全高:3770×1445×1310mm
●ホイールベース:2280mm
●重量:675kg
●エンジン型式・種類:A10型・直4 OHV
●排気量:988cc
●最高出力:60ps/6000rpm(グロス)
●最大トルク:8.2kgm/4000rpm(グロス)
●燃料供給装置:2バレルキャブレター
●燃料タンク容量:38L
●トランスミッション:4速MT
●駆動方式:FR
●タイヤサイズ:5.50-12-4PR
●価格:50万円(1968年当時)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sav*****|2018/11/29 13:15

    違反報告

    全長以外は現代の軽自動車くらいしかないんだな。可愛いし、一生懸命な感じがして、良いよね。
  • m45*****|2018/11/29 12:54

    違反報告

    A型エンジンといえばサニーやチェリーだけではなくフォークリフトにも搭載された名機でした
  • yuu*****|2018/11/29 13:24

    違反報告

    当時グリーンのセダンに乗っていましたが、OHVなのによく回るエンジンでした。

    また、セダンの豆腐を切ったような箱型デザインが好きでした。

    サニトラ、サニーキャブ、バネットにもA型エンジンが搭載されていましたね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します