現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 横浜ゴム、トータルパフォーマンス重視のグランドツーリングタイヤ「ブルーアースGT AE51」発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.28

横浜ゴム、トータルパフォーマンス重視のグランドツーリングタイヤ「ブルーアースGT AE51」発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜ゴムは2018年11月27日、低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」のグランドツーリングタイヤ「BluEarth-GT AE51」を2019年2月1日より発売すると発表した。発売サイズは245/35R19 93W~155/65R14 75Hの全57サイズで、価格はオープンプライスとなっている。


「BluEarth-GT AE51」はミドルクラスセダンをメインターゲットに、走行性能、快適性能、環境性能の全てに優れるグランドツーリングタイヤをコンセプトとして開発。長距離移動することを語源とする「グランドツーリング」にふさわしい力強くしっかりとした走行性能を追求したタイヤだ。

    横浜ゴム「第65回マカオ・グランプリ」にアドバン・レーシングタイヤ供給


さらに、従来品(BluEarth-A)で定評のあった優れたウェットグリップ性能を確保しながら、低燃費性能を一段と向上。国内ラベリング制度において、全サイズで最高グレードのウェットグリップ性能「a」を獲得し、ころがり抵抗性能では31サイズで「AA」、26サイズで「A」を獲得している。

トレッドパターンは専用開発された非対称パターンで、快適な乗り心地と優れた操縦安定性を両立。またトレッドパターンに施した「ライトニンググルーブ」や「ブレードカットサイプ」によりウェット性能を高めている。


さらに、専用のチューニングを施した高剛性構造や接地圧を均一化したトレッドプロファイルによりハンドリング性能と快適な走りを両立させている。


また、発熱によるエネルギーロスを抑える2層構造の「低燃費レイヤードゴム」や、歪みを低減するサイドプロファイル、放熱効果を生む「ディンプルショルダーデザイン」により低燃費性能を向上させている。

ヨコハマタイヤ 公式サイト
横浜ゴム 関連情報
横浜ゴム 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します