現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニの超弩級ワンオフモデル「SC18」をスクアドラ・コルセが製作

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.28

ランボルギーニの超弩級ワンオフモデル「SC18」をスクアドラ・コルセが製作

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」は2018年11月16日、同部門初のワンオフモデル「SC18」を公開した。このスペシャルモデルのデザインは顧客とスクアドラ・コルセ、ランボルギーニ・デザインセンターが共同して取り組んで生まれた。


SC18は、主にサーキットでの走行を想定しているものの、公道走行も可能な仕様となっている。スクアドラ・コルセによるモータースポーツ・モデルのパーソナライズへの道を開く1台となっている。

    日本で9店舗目となる正規販売代理店「ランボルギーニ仙台」オープン


SC18は、スクアドラ・コルセがレースで培った経験を基に、このワンオフ・モデルのためだけに開発したエアロダイナミクスを備えている。フロントフードにはウラカンGT3 EVOを思わせるエアインテークが配置され、サイドとリヤにはウラカン・スーパートロフェオEVOに着想を得たフェンダー、フィン、エアスクープなどをレイアウト。

カーボンファイバー製の大型リヤウィングは3段階の調整機構付きで、各地のサーキットでも最適なダウンフォースを発生させることができる。リヤフードに設置された12個のエアインテークは耐久レースで既に実績があり、V12気筒エンジンの冷却性能を向上させる。


レーシングカーとして通用する性能を備えたパワートレーンは、ランボルギーニの中でも最高レベルのチューニングが行なわれている。この6.5L V12自然吸気エンジンは最高出力780ps/8500rpm、最大トルク720Nm/6750rpmを発生。トランスミッションは7速。

一方で、ボディは超軽量素材、カーボンファイバー材による軽量化も図られている。地上高はわずか109mm。リヤはエキサイティングなサウンドを生み出すユニークなデザインのエキゾーストを備えている。

SC18はジョリジオデイトナと名付けられたという灰色のカーボンファイバー製ボディで、ディテールには赤のスクリーンプリントが加えられスポーツ性能を強調している。カーボン製のバケットシートは黒のアルカンターラに赤いクロスステッチが施されている。ホイールはセンターロック式で、フロント20インチ、 リヤ21インチサイズで、タイヤは専用に開発されたピレリPゼロコルサが装着されている。またサーキットでのパフォーマンスを計測するためのテレメトリーシステムも搭載している。

ランボルギーニ 関連情報
ランボルギーニ・ジャパン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します