現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス新型「ES」月販目標の16倍を受注 約4分の1は量産初のドアミラーレス仕様

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.27

レクサス新型「ES」月販目標の16倍を受注 約4分の1は量産初のドアミラーレス仕様

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■レクサス「ES」が発売から1ヵ月で月間販売台数の16倍を受注

 量産車としては世界初となるデジタルアウターミラーをオプション採用したレクサスの新型セダン「ES」が、2018年10月24日の発売から約1ヵ月で約5600台を受注しました。

    トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 レクサスの発表によると約5600台のうち半数がトップグレードの「バージョンL」、残りの半分を「Fパッケージ」とベースグレードで分け合っており、約4割がオプションとして用意されたデジタルアウターミラーを装着しています。

 引き締まったボディデザインやレクサスならではのグリルを備えた「ES」は、新しいプラットフォームやショックアブソーバーの採用により上質な乗り心地を実現。広い室内空間や優れた遮音性を併せ持つことで、高級セダンならではの高い質感が与えられた一台です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します