現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初めてのマイカー購入、その前に知っておきたい、クルマにまつわる税金のお話し

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

初めてのマイカー購入、その前に知っておきたい、クルマにまつわる税金のお話し

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてのマイカー購入、その前に知っておきたい、クルマにまつわる税金のお話し

よし!クルマ買うぞ!と、いざディーラーで見積もりをもらうと、あれ?なんか想定してたのより高いな、となるのは、ディーラーあるあるなわけですが、見積書の諸費用明細を良く見ると、「税金」という項目がズラズラと並んでいます。クルマの購入時にかかる税金は、自動車税(軽自動車税)、自動車取得税、自動車重量税、消費税の4種類。では、早速、クルマ購入時の税金をひとつひとつ見ていきましょう。

    じつは自動料金収受システムだけではないETC2.0


(1)自動車取得税

「自動車取得税」は、その名の通り、自動車を“取得”=購入したり、ゆずり受けたりする際にかかる税金で、新車、中古車に限らずかかります。その税率は自家用乗用車の場合、「取得価額」で3%、軽自動車だと2%ですが、基準となる「取得価格」は、車種やそのグレード毎にあらかじめ定められていて、新車価格の約90%が目安とされています。中古車の場合は、その「取得価額」に年数が経過する毎に下がる「残価率」をかけるので、その分税額は安くなります。

また、エコカーの場合、その燃費基準の達成度合により、新車であれば免除もしくは税率が軽減されます。中古車も燃費基準の達成度合により、「取得価額」から控除を受けることができます。尚、取得価額が50万円以下の場合は免税となります。


(2)自動車税(軽自動車税)

「自動車税」は、毎年4月1日時点でナンバープレートの付いたクルマの所有者に対して毎年かかる税金で、都道府県に納めます。ちなみに、軽自動車の場合は、「軽自動車税」となり、市町村に納めます。税額は排気量によって決められていて、自家用乗用車の場合は、排気量が1.0リットル以下から、6.0リットル超まで、0.5リットル毎に税額が決まっています。尚、自動車税にもエコカー減税が適用され、環境性能が優れているほど減税額が大きくなります。逆に、新車登録してから年数の経過した自動車は、環境負荷が大きいという理由で、税率が上乗せされて負担が増えます(電気自動車や天然ガス自動車等は除く)。


(3)自動車重量税

「自動車重量税」は、自動車の“重さ”に対して税額が決まる税金で、新規登録時と車検の際にかかってきます。尚、軽自動車の場合は、重さに関係なく定額となります。税額は車両重量の0.5トンごとに4,100円/年となっていますが、新車登録から13年以上経つと、税額がアップし、その後18年以上経つと、さらに税額があがります。尚、軽自動車の場合も、同様に13年以上と18年以上で税額が上がります。また、重量税にもエコカー減税が摘要され、新車購入時と初回車検時にその燃費基準の達成度合により、免税もしくは減税となります。


(4)消費税

言わずと知れた消費税で、車両本体やオプションパーツ、登録のためにディーラーや中古車販売店等に支払う手数料にも8%がかかってきます。以上、クルマの税金って、いろいろありますね。クルマの税金を安くするテクニックなどもあるので、みんカラでみん友さんに聞いてみたり、ディーラーや中古車販売店に相談してみましょう。

※記載された情報は2018年3月時点となります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(みんカラ みんカラ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します