現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブルの申し子はライバルも強烈 4代目の日産「フェアレディZ」はイメージを一新

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.27

バブルの申し子はライバルも強烈 4代目の日産「フェアレディZ」はイメージを一新

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■イメージを一新した4代目「フェアレディZ」

 元号が「昭和」から「平成」になりバブル経済が絶頂期を迎えていた1989年、日産は北米市場のみならず、世界に通用する完璧なスーパースポーツカーを目指した4代目「フェアレディZ」(Z32型)を発売しました。

    若者を虜にしたロングノーズの2代目「フェアレディZ」 マンハッタンカラーのTバールーフが最高!

 4代目「フェアレディZ」は、初代から3代目まで続いた「ロングノーズ・ショートデッキ」の古典的なスポーツカールックを脱ぎ捨て、張り出した前後フェンダーで3ナンバー専用の新世代スポーツカーらしい姿へ変貌。バリエーションは2シーターと4シーターの「2by2」の2タイプでした。

 ワイドな車幅と低い全高が醸し出す「獲物を狙う野獣」のような迫力あるルックスで、日本国内はもちろん、世界中のスポーツカーマニアからの注目を集めました。なお、当時のコマーシャルに使われた「スポーツカーに乗ろうと思う」というキャッチコピーが話題に。

 エンジンは、「シーマ現象」という言葉を作った初代「セドリック/グロリアシーマ」(FPY31型)に搭載されていた、255PSを発揮する3リッターV型6気筒DOHCターボエンジン「VG30DET型」をベースに、ツインターボ化した「VG30DETT型」を搭載。

 4代目「フェアレディZ」の出力は280PS(輸出仕様は300PS、NAモデルは230PS)を誇り、当時の国内自動車メーカーの自主規制上限に設定されるきっかけになったといいます。

 その加速性能は、AT車でもスロットルペダルを床まで踏みつければリアタイヤからスモークが上がるほどのトルクあふれるものでした。元々、余裕あるトルクを生む3リッターエンジンをツインターボ化したことで、高速道路での追越し加速などは他車では味わえないダイナミックなものになり、ポルシェやフェラーリとも対等に走れるクルマに仕上げられていました。

 インテリアのデザインも洗練されたものとなり、1980年頃からの「サニーもZもみんな似たようなもの」と酷評された、質感の低いインパネも改善され、ドライバーを包み込むような上質なスポーツカーにふさわしいものになりました。

 一方、1989年8月、4代目「フェアレディZ」の発売からわずか1か月後に、日産は「スカイラインGT-R」(R32型)を16年ぶりに発売。「フェアレディZ」のライバルが同じ会社から登場したカタチとなります。

 一部では「日産は、またダットサンとプリンスを分割するのか?」と揶揄されましたが、2.6リッター直列6気筒DOHCツインターボエンジン「RB26DETT型」も最高出力280PSを発揮し、電子制御4輪駆動システム「アテーサE-TS」を搭載するなど、速く走るためにエンジンパワーを確実に路面に伝える点ではFRの「フェアレディZ」に勝っていました。

 そこで、スポーツ志向の強いドライバーは「スカイラインGT-R」を選び、高速道路でのクルージングを楽しむ層は「フェアレディZ」を選ぶという住み分けになりました。

■多くの強力なライバルが登場した1990年代

 日産内のライバル以外にも、1990年4月にはマツダが「V型12気筒エンジン並の滑らかさを持つ」とも言われた世界初の3ローターエンジンにシーケンシャルツインターボを装着した「20B-REW型」エンジンを搭載する高級クーペ「ユーノス・コスモ」を発売。

 さらに8月に実施されたトヨタ「スープラ」(A70系)がマイナーチェンジで、280PSを誇る新開発の2.5リッター 直列6気筒DOHCツインターボエンジン「1JZ-GTE型」を搭載。直列6気筒のスムーズさや中速域からのスロットルレスポンスの良さと、2.5リッターの排気量による維持費の安さと相まって、「フェアレディZ」の強力なライバルになります。

 また、同年9月にはホンダ「NSX」が発売され、「日本で唯一の本格的スポーツカー」と世界中から高い評価を受けます。10月には280PSを発揮する3リッター V型6気筒DOHCツインターボエンジン「6G72型」を搭載し、電子制御の4WDシステムを備えた三菱「GTO」(Z16A型)が発売されるなど、各社が280PSのスポーティカーを登場させました。

「フェアレディZ」もテコ入れとして、1992年にオープンモデルの「フェアレディZ コンバーチブル」が追加され、16インチBBS製鍛造アルミホイール、レカロ製シート、ビスカスLSDを装備した「フェアレディZ バージョンSレカロ」が設定されます。1998年のマイナーチェンジでは外装のデザインも手が入れられ、フロントとリアの印象が変えられました。 

 こうして「スカイラインGT-R」とは別の路線で人気となっていた4代目「フェアレディZ」は、1989年の7月から2000年12月までの長期間に渡り販売され続けました。この前年の1999年、日産はルノーの傘下に入るほど経営が悪化し「フェアレディZ」の系譜は一旦途絶えることになります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/11/27 07:01

    違反報告

    Z32 今見ても良いデザイン。現行Zより良い。
    そのデザイナー、前澤 義雄さんも今はこの世にいない。
    どんなに良いデザインのクルマを造っても10年もかからず販売終了する。
    クルマとははかない存在、趣味なんだよな。
  • bnr*****|2018/11/27 07:10

    違反報告

    ランボルギーニディアブロにも採用されたZ32の日産純正ライト…
    R32スカイライン
    Y32セドリック/グロリア
    32シリーズは全て美しい!
  • wai*****|2018/11/27 09:05

    違反報告

    日産は過去のデザインと決別する時
    吉と出るか?凶と出るか?が極端だが
    Zというブランドのデザイン変更は上手くやったな
    と思います。
    今でも十分に美しい。
    ただ、あまりにもGT-Rという存在が…
    存在時期がずれていたら、末期の不遇もなかった
    かもしれない。
    今考えれば、とても贅沢に作られた車だと思う。
    色々な制約が無ければ、今でも所有したみたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します