現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)2018」で見つけた! 大柄な方専用、耐荷重250kgの車いすDIETZ(ディエーツ)

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.26

欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)2018」で見つけた! 大柄な方専用、耐荷重250kgの車いすDIETZ(ディエーツ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヨーロッパを移動していて感じることは、「体の大きなひとが多い」ということ。REHACAREの会場でも、大柄なユーザーが多く来場し、彼らのための福祉機器も展示されている。とくに歩行が困難な方に向けた製品が目立つが、ここではその中から、ラージサイズの車いすを紹介したい。

 現在日本国内で販売される車いすの多くは、耐荷重が100kgとなっている。これをオーバーする体重の方は、車いすを特注するほかはなく、否応なく出不精になってしまうのが現状だ。また重さだけでなく、座面や背もたれのサイズも小さすぎて、車いすを断念する場合もある。

    【Believe ニュース】最新の福祉車両や福祉にまつわるホットな情報をお届け!

 ドイツのDIETZ(ディエーツ)は、高品質で安心して使えるラージサイズの車いすを製造、販売している。大柄な方、肥満の方が快適に座れるように、フレームやサイドパネル、クッションを中心に人間工学の見地から開発されていて、「横幅80cm」、さらに「最大250kg」の重さに耐えうる設計で、荷重による車いすの損傷を気にせず使用できる。頑丈に作られているが、フレームはアルミニウム製で重量が抑えられているのも特徴だ。

 

tauron rsi(タウロンrsi)

 とくに肥満症の方の使用に最適化されているタイプで、アームレストの位置を調整することによって、シートの幅を簡単に調整(+2cm/-7cm)することができる。そのため体重の増減などにも対応できる。

 介護者用のハンドルがあり、ブレーキも装着されている。大きな重量に負けないようディスクブレーキとなっている。

 出不精となると、体重の増加が進みやすい傾向があるため、自分のサイズに合った車いすは、健康維持に不可欠なアイテムといえる。

 

CANEO XL(カネオXL)

 ヘビーデューティーモデルながら、重量28kgと軽量で、幅わずか34cmにまで折り畳める。ISO 7176-19にも準拠し、旅客輸送用として承認されている。アクティブなユーザーにフィットする車いすだ。

 座面はゆとりのサイズで、快適な移動はもちろん、長時間くつろぎながら座ることもできる。

 DIETZの製品設計は、ドイツ北部にあるハンブルクで行われる。「自分たちはだれのために働いているのか」を常に意識し、コスト計算からではなく、必要な機能、品質を達成してからはじめて製品価格を決定するというこだわりぶりだ。

 

DIETZ公式ページ

欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)2018」で見つけた! 大柄な方専用、耐荷重250kgの車いすDIETZ(ディエーツ)はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します