現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 意外と凄い! スズキ「キャリイ」57年間の歴史 巨匠ジウジアーロデザイン世代もあった!

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.25

意外と凄い! スズキ「キャリイ」57年間の歴史 巨匠ジウジアーロデザイン世代もあった!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 今が旬の軽トラック、キャリイは1961年デビュー

 スズキの軽トラックといえば「キャリイ」。現行型は2013年のデビューから5年経ちました。5年は長いようですがモデルライフが10年程度になる軽トラックの場合、今が熟成の時ともいえます。また、キャビンの大きなスーパーキャリイも新たな仲間に加わっています。

    新車は人気が無いけど中古で人気!? おすすめクルマ5選

「キャリイ」の歴史は長く、1961年の「スズライト キャリイ」までさかのぼります。しかし、「キャリイ」の永遠のライバルであるダイハツ「ハイゼットトラック」は前年の1960年に登場しているため「キャリイ」よりわずかですが、歴史が長くなっています。

「キャリイ」はスズキ初の量産4輪車にして初の軽自動車である「スズライト」のトラック仕様として登場しました。2サイクルエンジンで排気量は当時の軽自動車の規格いっぱいの360cc。「スズライト」は前輪駆動で登場しましたが、「スズライト キャリイ」は後輪駆動で登場するなどメカニズムは異なっています。

「スズライト キャリイ」は現在のような前輪の上に運転席のある『キャブオーバータイプ』ではなく、ボンネットのあるピックアップトラックに近いスタイルでした。とはいってもボンネットは短く、エンジンは運転席の下という方式となっていました。「キャリイ」の生産は愛知県豊川市に専用の軽4輪トラック工場を新たに建設し、そこで大量生産が開始されました。

 1966年に登場した3代目から名称の「スズライト」が取れて「キャリイ」となるとともに、乗用車から独立。バンとトラックのふたつのボディタイプが用意される貨物車となりました。トラックのボディスタイルも現在と同じボンネットがない『キャブオーバータイプ』へと変更され、その後、何度かのモデルチェンジを経て11代目となる現行モデルまで続いています。

■巨匠ジウジアーロのデザインしたモデルもあった

 注目すべきモデルとしては、1969年登場の4代目です。スズキはライバル他車に勝つべく、ジウジアーロにデザインを依頼。ジウジアーロはいすゞ「117クーペ」やVW「ゴルフ(初代)」、日産「マーチ(初代)」をデザインした人物で、当時でも有名なデザイナーでした。

 バンではフロントウインドウとリアウインドウの傾斜角度がほぼ同じで、横から見ると前後が対称に見える斬新なデザインを採用しました。トラックはフロントキャブ部分がバンと共通デザインで、角型ヘッドライトを採用するなどスタイリッシュにまとめられていました。

 ほかにも歴代でスタイルの大きな変化は、1999年に軽自動車の新規格に対応するためにボディを大型化した際になります。ホイールベースをギリギリまで長くし、高速走行の得意なセミキャブオーバータイプへと変化させました。当時、軽トラックは5つのメーカーが製造しており、大型化の際にセミキャブオーバータイプとしたのはスズキ、ホンダ、三菱の3社。それに対してダイハツ、スバルはキャブオーバータイプのままにしています。

 セミキャブオーバータイプが多勢で主流になるかと思われましたが、ロングホイールベースでは悪路でボディ中央下部が引っかかるいわゆる「亀の子状態」になりやすく、キャリイは2005年にショートホイールベースのキャブオーバータイプを主に農業用に再登場させ併売しました。

 そして、2013年の現行型へのモデルチェンジの際には、全車をショートホイールベースのキャブオーバータイプに統一。この時点で「キャリイ」は3代目までのスタイリングに先祖返りしたカタチになります。

「キャリイ」は過去約40年間に渡って軽トラック販売台数首位という実績もありますが、現在はライバルのダイハツ「ハイゼット」にその座を譲っています。一方でOEM供給も積極的で、以前はマツダ「スクラムトラック」のみでしたが、現在では日産「クリッパーNT100」、三菱「ミニキャブトラック」を加え、合計4ブランドの軽トラックが「キャリイ」になっています。

■キャビンが大きなスーパーキャリイが仲間入り

 保守的なスタイルとメカニズムを変えない軽トラックですが、2018年にはキャビンを長く伸ばした「スーパーキャリイ」がラインアナップに加わりました。シート後部にショッピングバスケットや工具箱、書類などを置くことのできるスペースを作り、通常の軽トラックでは不足しがちな手荷物スペースを確保しています。

 さらにシートもリクライニング機構のあるものが装備されるなど、運転ポジションの自由度も高くなっています。反面、荷台の前後長が短くなってしまいましたが、キャビン下部を凹ますことで板や細長いものを滑り込ませて積載できるようにし、荷台の前後長が短いことが販売面で不利にならないよう対策しています。

 ほかにも長いキャビンのモデルはダイハツ「ハイゼット ジャンボ」がありますが、キャビンの長さは「スーパーキャリイ」が上となっています。トラックの命である荷台の長さを最優先するなら「ハイゼット ジャンボ」に分がありますが、ユーザーにとっては選択肢が増えているため、より自分の用途に合ったものを選べる面もあります。

 小型軽量で安価、しかもフラットな荷台に物がたくさん積めるため、レジャー用途としても注目されている軽トラックのなかでも、「キャリイ」は円熟の時を迎えています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/11/25 18:13

    違反報告

    今や軽4輪トラックの製造メーカーは、スズキ、ダイハツ、ホンダの3社だけになってしまった。
    三菱ミニキャブ、スバルサンバー、マツダポーター、愛知機械コニー、くろがねベビー、ホープスターなどかつては自社生産が当たり前だった。近年は5社時代が長かったが、スバル、三菱の撤退で今に至っているのは寂しい気持ちになる。
  • mog*****|2018/11/25 20:06

    違反報告

    キャリーでもなくキャリィでもなく、キャリイだからね。
    ココ、試験に出ますからよく覚えておくように。何の試験か知らんけど。
  • fro*****|2018/11/25 21:04

    違反報告

    私のキャリイは平成元年登録車、今年で30年乗っている。そんな平成ももう少しで終わってしまう。でも、私のキャリイはまだまだ現役!50年は乗ってやるぞ!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します