現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドゥカティ史上最強のスーパースポーツモデル「パニガーレV4 R」発表【EICMA2018】

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.24

ドゥカティ史上最強のスーパースポーツモデル「パニガーレV4 R」発表【EICMA2018】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■公道走行可能なレーシングバイクをドゥカティが発表

 ドゥカティは、スーパースポーツモデル「パニガーレV4 R」を発表しました。パニガーレV4 Rは、公道走行が可能なレーシングバイクで、これまでの“R”バージョンと比較して、サーキット走行に特化したモデルです。

    BMWで一番ちいさなバイク 普通二輪免許で乗れる「G 310 R」の存在感

 MotoGPから直接フィードバックされたテクノロジーを投入したパニガーレV4 Rは、エンジンとサスペンション・セットアップ、空力性能を向上させ、さらにドゥカティ・コルセがドゥカティ・スタイル・センターと連携して開発したフェアリングも採用されています。

 新しいフェアリングには、MotoGPマシン用に開発された、ウイングも備えています。カーボンファイバー製のウイングは、車両全体のダウンフォースを向上。高速走行時や前輪の浮きを押さえこみ、コーナリングやブレーキング時の安定性を高めることで、電子制御システムの介入頻度を減らし、ライダーのパフォーマンスをさらに高めます。

 パニガーレV4 Rに搭載されるエンジンは、WSBK(ワールド・スーパーバイク選手権)のレギュレーションが定める排気量基準に合わせサーキット走行を主眼とした最高出力221ps、排気量998ccのデスモセディチ・ストラダーレRエンジンです。

 また、アクラポビッチ製ドゥカティ・パフォーマンス・フルレーシング・エグゾーストを装着することで、さらに最高出力は引き上げられ234psまで達します。

 パニガーレV4 Rのフレームは、ドゥカティ・コルセが定めた合成目標をクリアし、軽量化を実現。フロントフォークは、WSBKでも仕様しているオーリンズ製システムの派生品を使用、調整機能を備えるレース仕様のオーリンズ製リアサスペンションやアルミニウム製スイングアームも採用しています。

 サーキットから一般道へ舞い降りた「パニガーレV4 R」は、ドゥカティの頂点に君臨する最強スーパースポーツモデルです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します