現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SUVブームの今なら売れていたかも!? 超珍しい絶版SUV5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.24

SUVブームの今なら売れていたかも!? 超珍しい絶版SUV5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■名車か迷車か? 珍しいSUV5車種を紹介

 現在、SUVというジャンルのクルマは、世界的に売れています。あのロールスロイスやランボルギーニも、その流れに乗っからざるを得ずSUVを発売し話題になりました。日本でもホンダ「ヴェゼル」やトヨタ「CH-R」などのコンパクトSUVが好調な販売を記録しており、まだまだSUV熱は冷めそうにありません。

    ガソリンとクルマの「相性」はある? ガソリンブランドごとの品質のちがいは?

 いまのSUVブームに先立って、1990年代に日本では「RVブーム」(レクリエーショナル・ビークル)がありました。そのときは「パジェロ」や「ハイラックスサーフ」など本格的な4輪駆動車がブームを牽引していたのですが、「RVブーム」にあやかろうと数々の『迷SUV』が発売されたことは、あまり知られていません。なぜなら、セールス的に成功したとはいえなかったからです。

 そこで、歴史から忘れ去られてしまったSUV5車種にスポットライトを当てて、紹介します。

●ダイハツ「ミラ RV4」

 ダイハツの軽自動車「ミラ」の4輪駆動モデルをベースに最低地上高を上げ、グリルガードと背面タイヤ、ルーフレールを装着してSUVに仕立てられたのが、この「ミラ RV4」です。

 1992年の発売ですから、バブル景気のころに企画・開発されたと推測されますが、なんとも大らかな時代というか、メーカーの余裕が感じられます。

 いまなら「クロスオーバー」にカテゴライズされるモデルですが、当時その市場は日本になく、存在をアピールすることもなくひっそりと消えてしまいました。むしろ、いま発売したらかなり人気が出そうですが、登場が早すぎてしまった残念な1台です。

●スバル「インプレッサ グラベルEX」

「インプレッサ スポーツワゴン」をベースとして最低地上高を上げ、グリルガードと背面タイヤ、ルーフレールを装着。前出の「ミラ」とまったく同じ手法でSUVに変身したのが、1995年発売の「インプレッサ グラベルEX」です。

 もともと「インプレッサ」はラリーのイメージが定着しており、不整地でも舗装路でも速いイメージがありましたが「インプレッサ グラベルEX」はSUVだから不整地に寄ってみたということでしょう。なお、「グラベル」とは砂利道のことです。

 ワゴンなので使い勝手もよく売れる要素はあったものの、あえなく撃沈してしまいました。しかし、この失敗を糧に後の「XV」つながったと言っても過言ではありません。

 ちなみに同じ年の1995年に発売された「レガシィ グランドワゴン」(現行モデルのアウトバック)は大いに成功し、いまもスバルのラインナップに名を連ねています。

●三菱「ギャラン スポーツ」

「ギャラン」という名前はすでに消滅してしまいましたが、三菱が誇るべき名車の名前であることに間違いありません。

 しかし、その「ギャラン」も迷走した時期があります。1994年にデビューした「ギャラン スポーツ」がまさに迷走の証ではないでしょうか。

 見た目は前出の2台よりも控えめで、小ぶりなバンパーガードとルーフレールを装着した4ドアハッチバックです。かつて日本では4ドアハッチバックは売れないというジンクスがありましたが、残念ながらジンクスを裏付けるかたちになりました。

 なお、「GT」と「RV」を融合した「GTRV」をキャッチコピーとしていたように、エンジンは240PSを誇るV6DOHC2リッターツインターボ(ノンターボもあり)に、フルタイム4WDシステムを組み合わせ、立派なリアウィングも装着しており、走りは本格的なものとなっていました。

●日産「パルサーセリエ S-RV」

 車名からして「RVブーム」に乗っかっている感が否めないのが「パルサーセリエ S-RV」です。「パルサー」のワゴン版として1996年に発売されました。

「パルサーセリエ S-RV」もバンパーガードにルーフレールの定番アイテムでSUVっぽくなっており、4WD車では背面タイヤも選べました。

 ただし、「パルサーセリエ S-RV」がほかと違うのは、あとから装飾を施したわけでなく、あくまでも「パルサー」の1モデルとして誕生した点です。

 したがってラインナップも豊富で、エンジンだけでも1.5リッターから2リッターまで4タイプが用意され、FFと4WD、トランスミッションも4ATと5MTとさまざまなニーズに応えていました。

 セールス的には今回紹介したなかでも成功していますが、デビューから4年後に「パルサー」そのものが消滅して、その短い歴史に幕を閉じてしまいます。

●フォルクスワーゲン「ゴルフ カントリー」

 これまで紹介してきた4車種と大きく異なるのは、この「ゴルフ カントリー」が、かなり本格的なSUVだったということです。むしろ本物のクロスカントリー車といえます。

 ベースとなったのは「ゴルフII」の4WDモデル「ゴルフ シンクロ」で、最低地上高を大幅に上げ、フロントに鉄製のグリルガード、リアに背面タイヤを装着し、タイヤもオフロード寄りのブロックタイヤとなっていました。

 さらにシャシも補強されているなど、フォルクスワーゲンの本気度合いがうかがえます。「ゴルフ カントリー」は1990年にデビューして、翌1991年には当時の輸入代理店であるヤナセを通じて日本にも正規輸入されました。

世の中はバブル景気の終わり間際でしたが、まだ好景気に沸いており、キワモノの「ゴルフ カントリー」よりも「レンジローバー」や「ジープチェロキー」といった正統派SUVが人気になったのは自然な流れでしょう。

「ゴルフ カントリー」はセールス的には成功したといえませんが、後の「クロスポロ」や「クロスゴルフ」にDNAは受け継がれています。

 なお、極まれに中古車市場に出回ることがありますが、希少車とあってかなりの高値で取引されています。

※ ※ ※

 今回紹介した『迷SUV』5車種は、本当に珍しいクルマばかりです。どれも発売から20年以上経過しているということもありますが、そもそもの販売台数も少なく、普段まず街なかで見ることはありません。

 しかし、いま発売したら売れるかもと思わせるクルマもありますから、もしかすると時代を先取る名車たちだったのかもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します