現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 伝説のプジョー 407 タクシー、ふたたび爆走! 『TAXi』新作メイキング写真

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.23

伝説のプジョー 407 タクシー、ふたたび爆走! 『TAXi』新作メイキング写真

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衝突、炎上、空中爆走?! 南仏マルセイユの街を300km/h超えのタクシー、プジョー『407』が再び走る。カーアクション映画、『TAXi』シリーズが再始動、新作『TAXi ダイヤモンド・ミッション』が2019年1月18日に日本公開される。そのメイキング写真が公開された。

リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛けた『TAXi』シリーズ1作目の公開から20年、新たなTAXiシリーズが始動した。伝説のタクシーに乗る凸凹コンビは、世界最大のダイヤモンド「カシオペア」を守れるのか?!

    日本導入予定の「508」&「508 SW」の実車をチェック 「リフター」は導入検討中

シリーズの魅力はカーアクションだ。安全運転であるべきタクシーが爆走する設定に加え、高級車を乗り回す強盗団とのカーチェイスはファンを喜ばせてきた。出演のフランク・ガスタンビドは監督と脚本も担っているが「いつもアクションシーンを撮影したいと思っていた。でもスタントやカーチェイスの撮影の仕方を知らなかったんだ」という。

フランクがとった方法は、人材でカバーすることだった。カーアクションシーンの撮影には、『96時間』シリーズや『トランスポーター』シリーズにも携わったスタッフが集結、『TAXi』1作目では見習いだっだというデヴィッド・ジュリアンがスタントコーディネーターを務めた。「彼らは『TAXi』シリーズ全てにも携わっている。僕が、マルセイユで車を欄干から滑り落としたいんだ、と無茶なアイデアを告げても、すぐに新しい技術を導入した素晴らしい方法を考えてくれるんだ」とフランクは振り返る。

<STORY> 新たなバディとして、超絶ドライブテクを持つが問題だらけの警官マロ(フランク)と、伝説のタクシードライバー、ダニエルの甥でありながら、かなり間抜けなタクシー運転手エディ(マリク・ベンタルハ)が登場する。マルセイユ警察は、フェラーリを操り宝石を盗むイタリアの強盗団にやられっぱなし。対抗できるのは秘密兵器を搭載した伝説のタクシー、プジョー407しかない。マロは、持ち主の甥のエディとタッグを組む。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 高木啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します