現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ、新世代エンジン搭載の新型「パナメーラGTS」予約受注開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.23

ポルシェ、新世代エンジン搭載の新型「パナメーラGTS」予約受注開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェ・ジャパンは新型「パナメーラGTS」「パナメーラGTSスポーツ ツーリスモ」の予約受注を2018年11月21日から開始した。


「パナメーラGTS」は、新世代の4.0L 90度V8型ツインターボエンジンを搭載。このエンジンはVバンク内にターボを2基格納。4本のカムシャフトの可変バルブタイミング機構と気筒休止システムを備えている。スプレーガイド式燃料噴射で燃焼室中央への直噴システムは250barの燃圧としている。

    ポルシェ「パナメーラ」に伝統の「GTS」登場、460馬力V8エンジン搭載の高パフォーマンスマシン

最高出力は460psで、従来の4.8L V8を20ps上回っている。最大トルクは620Nmで、標準装備されているスポーツクロノパッケージを使用すると0-100km/h加速は14.1秒という動力性能だ。

またこのエンジンは最新の排ガス規制をクリアするためガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)を装備している。そしてオイル流路はシリンダーブロックとシリンダーヘッドの2系統を備え、サーキット走行のような前後・左右の高いGがかかっても安定して最適な油圧を保つことができる。


標準装備される「スポーツクロノパッケージ」にはローンチコントロールとモードスイッチ、ステアリングホイールのスポーツレスポンス・スイッチが含まれている。

走行モードはノーマル、スポーツ、スポーツプラス、インディビデュアルの4つのモードが選択できる。さらにアクティブサスペンションの3チャンバー式エアサスペンションを備えている。

オプションでは、「ポルシェ ダイナミックシャシー コントロール スポーツ (PDCC Sport)」、「ポルシェ トルク ベクトリング プラス (PTV Plus)」、「リヤアクスルステア」を装備することができ、スポーツレスポンスボタンを押すと、パナメーラの最高性能を20秒間引き出すことができる。

駆動システムはポルシェ トラクション マネージメント(PTM)、つまり電子制御の多板クラッチを備えたアクティブ4WDシステムとなっている。

なお「パナメーラ」の2019年モデルの全グレードは11月21日から価格が改定されている。

【パナメーラGTS価格】

【パナメーラ・シリーズ 2019年モデル新価格】

ポルシェ パナメーラ 関連情報
ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します