現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【イベント】200台以上のランボルギーニが横浜に集結! ランボルギーニ・デイ・ジャパン 2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.23

【イベント】200台以上のランボルギーニが横浜に集結! ランボルギーニ・デイ・ジャパン 2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月21日、「ランボルギーニ・デイ・ジャパン 2018」が横浜を舞台に開催された。懐かしのオールド・ランボから最新モデルまで、1日にこれだけたくさんのランボルギーニ車を見たのは生まれて初めてかも? イベントの模様を紹介しておこう。

アヴェンタドールSVJのアンヴェールから始まる!

「我々はスーパーカーではない。我々はランボルギーニなのだ」
こんな言葉で始まった、横浜スーパーファクトリーでのプレスカンファレンス。まずは先日このサイトでも紹介したアヴェンタドールSVJがアンヴェールされた。
アンヴェールの模様を動画でどうぞ!

プレスカンファレンスには、アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリ CEOやジョルジョ・スタラーチェ 駐日イタリア大使も出席し、ランボルギーニが日本を重要なマーケットと認識していることが伺える。

会場内には、ほかにもウルスやウラカン・ペルフォルマンテ スパイダー、そして日本市場向けに特別生産された5台の限定モデル「アヴェンタドールS ロードスター 50th アニバーサリー ジャパン(地・水・火・風・空)」も展示された。
また、2018年でデビュー50周年を記念してレストアされたイスレロやエスパーダも特別コーナーに展示され、モダン・ランボとは違った美しさが注目を浴びた。

さらに、パーソナライゼーションプログラムやアパレル&アクセサリー、モータースポーツなどのコーナーも設けられ、ランボルギーニの世界観を表現していた。

一方、200台以上のランボルギーニ車がみなとみらい地区の駐車場に集結。アヴェンタドールやウラカンといった最新モデルが中心だが、今なおスーパーカーの代名詞的存在であるカウンタックをはじめ、ミウラやハラマといったオールド・ランボも参加していた。

その200台以上のランボルギーニ車がみなとみらい地区や赤レンガ倉庫周辺をパレードし、横浜スーパーファクトリーまで向かう様子は、まさに圧巻!

オーナーの集まった会場のパーティーではチャリティーオークションなども行われ、猛牛で埋め尽くされた横浜の夜が盛り上がっていた。

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します