現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 平成とともにさようなら。2018年に後継モデルに受け継ぎ、名前の消えたクルマ4選

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.23

平成とともにさようなら。2018年に後継モデルに受け継ぎ、名前の消えたクルマ4選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年も数多くのニューモデルが登場した。三菱 エクリプスクロスのような完全なブランニューモデルもあれば、トヨタ クラウンのように歴史を重ねたフルモデルチェンジもあった。その一方で、名前の消えてしまったモデルも少なくない。ここでは改元に合わせるかのように、2018年に名前を変えたモデルたちを紹介しよう。文・山本晋也

トヨタ オーリス→カローラスポーツ

    1代限りで販売終了した日産の迷車5選

2018年6月に登場したカローラスポーツは、カローラという名前でありながら3ナンバーサイズのボディを持つグローバルモデル。ハイブリッドとダウンサイジングターボというパワートレインの設定からも想像できるように、トヨタでいえば「オーリス」の後継モデルといえる。
オーリスといえば「シャア専用」仕様などで話題を集めたこともあったが、カローラスポーツと交代で新車のラインナップから、その名前を消してしまった。


ホンダ アクティバン→N-VAN

日本でもっとも売れている新車「N-BOX」のプラットフォームをベースに、助手席側ピラーレス開口などビジネスユースに最適化した新しい軽バンがホンダの「N-VAN」だ。
ホンダの新世代軽自動車Nシリーズとしては初めてMTを用意(しかも6速!)するなどクルマ好きの琴線にふれるメカニズムが話題を集めた。そして、N-VANのその座をゆずったことで、生産中止となったのが、19年ものモデルライフを誇った「アクティバン」である。
エンジンをミッドシップに登載するというレイアウトから、その独特の走行フィールにファンも多かったが、各種のメカニズムが時代遅れになっていたのも否めず、ようやく役目を終えたという印象だ。なお、アクティバンの乗用仕様といえる「バモス」も同じタイミングでディスコン(生産終了)となっている。


ダイハツ ミラココア→ミラトコット

2018年6月に登場したダイハツの軽自動車「ミラトコット」は、ちびまる子ちゃんのキャラクターが大人になったら、という設定のテレビコマーシャルを展開したことからも、まさに2018年を象徴する一台といえますが、その陰でひっそりと消えていったのが「ミラココア」。
ベーシックモデルの「ミラ(ミライース)」のメカニズムをベースとしながら、独創的なルックスとしたモデルという意味ではトコットとココアのコンセプトは共通。ベーシックモデルではカバーできない、ちょっとこだわりのあるユーザーを狙った商品といえる。
その意味では、ココアを正常進化させたのがトコットともいえるが、名前を受け継ぐということはフレッシュさやニッチさをスポイルしてしまう。生まれながらにして、後継モデルではリネームが必要なタイプのキャラといえるのかもしれない。


マツダ プレマシー→CX-8

3代に渡って、マツダの多人数乗車カテゴリーをカバーしてきた「プレマシー」は、2018年になってそうそうにディスコンとなった。しかし、これによりマツダから3列シート車が消えてしまうという状況になったわけではない。ほぼ同じタイミングで3列シート(6人乗り/7人乗り)のSUV「CX-8」がローンチしている。
プレマシーはスライドドアの手頃なミニバンであり、CX-8は国内ラインナップにおけるフラッグシップともいえるミドルサイズSUVなので、そのまま後継モデルと理解するわけにはいかないが、3列シート車の系譜という一点においては無関係とはいえない。
そして、発売と生産終了のタイミングからして、メーカーとしてもCX-8が後継的な存在であることは認めているのだろう。もっとも価格差などを考えると、ユーザーが後継モデルとして認識しているかは疑問だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します