現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルファロメオ「4C」限定車「4Cコンペティツィオーネ」「4Cスパイダー・イタリア」の2車種を同時発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.22

アルファロメオ「4C」限定車「4Cコンペティツィオーネ」「4Cスパイダー・イタリア」の2車種を同時発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンは、アルファロメオの本格2シータースポーツ「4C(フォーシー)」ならびに「4C Spider(スパイダー)」に、専用ボディカラーなど様々な魅力ある装備を採用した限定車「4C Competizione(コンペティツィオーネ)」と「4C Spider Italia(スパイダー・イタリア)」をそれぞれ設定、2018年11月21日から全国のアルファロメオ正規ディーラーで先行予約受付を開始した。


「4C」はアルファロメオが、108年にも及ぶ歴史の中で連綿と受け継いできた軽量化設計の思想を、最先端の技術を駆使して具現化したピュアスポーツクーペ及びオープンカーだ。
F1マシンにインスピレーションを受けて設計された4Cのボディには、カーボンファイバー製パッセンジャーセルやアルミニウムサブフレームなど軽量素材を随所に施した結果、車両重量はわずか1,050kg(4Cスパイダーは1,060kg)に収められた。この軽量ボディと最高出力240psを生み出す4気筒1,750cc直噴ターボエンジンとが相まって、0-100km/hの発進加速にはわずか4.5秒(欧州仕様参考値)で到達。さらにバネ下重量の軽減により、俊敏且つ軽快な操縦安定性を実現している。

    新ブランドロゴ採用もトピック!アルファロメオ全ラインアップをマイナーチェンジ


この2台の限定車は、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された。今回、その導入が日本初め世界各地で開始となる一方で、極少量の限定生産に留まるため、既に希少価値の高いモデルとなっている。
「4Cコンペティツィオーネ」は専用フロントバンパーやカーボン製のルーフパネルおよびリアスポイラー、ヴェスヴィオ・グレー・マットの専用ボディカラーを採用。


「4Cスパイダー・イタリア」は、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、ミザーノ・ブルー・メタリックの専用ボディカラーを採用し、それぞれ標準モデルに対して大きく差別化されている。


またインテリアには、スポーツレザーステアリングやレザー・アルカンターラシート、レザーまたはアルミニウムの加飾パネルなど、上質な素材が随所に採用。さらにセンターコンソールには、限定台数の内何台目に当たるのかを示す連番(シリアルナンバー)入りの専用バッジが各車両に付されている。これは、イタリア・モデナの工場において手作りされる4Cのクラフトマンシップを表現したものだ。


アルファロメオ屈指のピュアスポーツとして企画・開発された4Cシリーズの個性をさらに昇華させた今回の限定車は、日本市場向けには、4Cコンペティツィオーネが25台、4Cスパイダー・イタリアが15台、と各々極少量限定で導入される。なお、両モデルとも左ハンドル車と右ハンドル車の設定がある。

【メーカー希望小売価格】

・4C Competizione:11,100,000円(税抜10,277,778円)(限定25台)
・4C Spider Italia:11,100,000円(税抜10,277,778円)(限定15台)

4C Competizione 商品サイト
4C Spider Italia 商品サイト

アルファロメオ 4C 関連情報
アルファロメオ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します