現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あちこちにある車検を請け負う店舗 いったいどこで行うのが正解か

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.6

あちこちにある車検を請け負う店舗 いったいどこで行うのが正解か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あちこちにある車検を請け負う店舗 いったいどこで行うのが正解か

乗用車なら最初3年、あとは2年ごとにやってくるのが車検です。車検の時期が訪れると費用の面を含めていろいろと悩むことでしょう。車検をどこに出すか考えた場合、さまざまなパターンが考えられます。それぞれのメリット、デメリットを含めて、考察していきましょう。

    イライラしないスマホホルダーの選び方?


車検そのものの費用は1700円か1800円

車検にかかる費用に対するイメージは乗っているクルマや車齢、つきあっているディーラーや修理工場によってかなり異なるでしょう。しかし、車検そのものの費用、検査手数料は小型車(5ナンバー)は1700円、普通車(3ナンバー)は1800円です。さらに自賠責保険の継続と重量税の納付は必須です。自賠責保険は24ヶ月で2万5830円です。自賠責保険は車検有効期間以上の加入が必要なので、車検が切れ自賠責保険の有効期間も過ぎている場合は25ヶ月分、2万6680円の料金となります。1超1.5トン以下のクルマの場合、重量税は2万4600円です。つまり、1超1.5トン以下の小型車ならば5万2130円で車検を受けられることになります。車検の最低費用は検査費用(1700円もしくは1800円)+自賠責保険料(2万5830円)+重量税(0.5トンごとに4100円)です。


これにプラスされるのが点検、整備、代行手数料です。ディーラーの場合は点検も整備もかなり高レベルのものが行われます。ちょっとでも不具合があれば、部品交換ということになります。ディーラーの修理は修理ではなく、部品交換が基本となります。部品によってはアッセンブリー交換となってしまうことも多く、使われる部品も純正部品で定価設定となります。これらがディーラーでの車検が高くなる理由です。ただ、ディラーの場合は代車が充実しているなどのメリットがあります。


バランスのいい価格が期待できる街の整備工場

どこの街にもあるのが自動車ディーラーではなく、整備工場です。こうした街の整備工場のなかには、指定工場と認証工場があります。指定工場は車検を代行して行うことができるので、車検場にクルマを持ち込まずに車検が終了します。認証工場の場合は点検整備をした上で、車検場にクルマを持ち込み検査を受けます。


どちらもディーラーではないので整備には自由度があります。ディーラーではアッセンブリー交換となるようなパーツも必要な部分のみを修理したり、社外品で対応したりすることもあるので、費用も抑えられることが多いのです。


激安車検はなぜ可能か?

ディーラーや整備工場では車検取得後2年使えることを前提に整備を行いますが、激安車検の場合はよほどのことがない限り部品交換は行わずに、車検場に持って行って車検を通します。実際、現代のクルマは車検時にほとんどの整備が必要ではないのです。もちろん点検を行って必要な部分は部品の交換や修理を行っていますが、もっとも整備が軽いものと考えていただければいいと思います。激安車検の場合は、最初に説明した検査費用、自賠責保険料、重量税のほかに手数料だけで行われるので安い価格での車検が可能というわけです。


究極に安いのは自分で行うユーザー車検です。ユーザー車検の場合は、検査費用、自賠責保険料、重量税だけで車検をクリアすることも可能です。ユーザー車検の方法はまた別の機会に紹介しましょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(みんカラ 諸星陽一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/12/06 13:27

    違反報告

    一見入りにくく感じるかも知れんけど、街の整備工場に車両を直接持ち込んで相談しながら車検を受けるのもかなり良いと思うよ。
    車検以外に何か有った時も頼りになるからね。
    因みにワシが御世話になっている工場は、一見普通の整備工場やけど、店の裏手でヴィッツや86のワンメイクレース車もメンテナンスしている。
    マニアックな整備工場かディーラーかどちらかがエエんちゃうの??
  • dry*****|2018/12/06 20:02

    違反報告

    個人のカーライフも、工場の特色もそれぞれなので、自分に有った所を探すしかない、一定の試験に受かれば整備士になれるが、それから先がそれぞれなのはどの業種も一緒、車好きの整備士もいれば車嫌いの整備士もいる、意外と車好き整備士の離職率は高い。ディーラーだから、民間だからとひとくくりには言えない。車検の定義解ってますか・車検とは車の使用者(所有者)が「有効期間を更新」するものです、必要が有れば修理しなくてはならない、必要無ければ更新だけで済む、修理が伴えば自分で出来なければお願いしなくてはならない、それなら初めから車検・点検(修理)を業者にお願いする流れ。
  • swq*****|2018/12/06 13:51

    違反報告

    民間 モータース ガソリンスタンド カーショップ  陸運局は絶対駄目 点検しないし分解もしない やはり安心はデイーラー 設備有るし保証も有る それ以外は絶対駄目 設備無し 保証も無い 某民間の整備工場は手抜き 良い訳 腕&技術も無い 専門ではない為 車の悪い所見つけれない 直す事も出来ない 

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します