現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 渋滞率など、交通流をシミュレーションできるシステム 日立産業制御が開発

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.21

渋滞率など、交通流をシミュレーションできるシステム 日立産業制御が開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立産業制御ソリューションズは20日より、道路を走行する車の挙動をシミュレーションした2Dアニメーションを作成し、精緻に渋滞率などのデータを集計・提示する交通流シミュレーションシステム「トラフィックスOD Ver3.1」を日本、中国、東南アジア地域で販売開始した。

トラフィックOD Ver3.1を活用することで、信号のない交差点での横断歩行者の挙動、公共交通機関の停車時間も考慮した、より現実に近い精緻なシミュレーションに基づいて新しい道路建設や渋滞対策など、さまざまな道路施策の効果や課題を定量的、視覚的に評価できる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

ラウンドアバウトなど、信号のない交差点でも横断歩行者の交通影響を考慮した交通流シミュレーションが可能。バスや路面電車、LRT、BRTなどの公共交通機関に関する利用者数や支払い方法などの情報を元に停車時間を考慮した交通流シミュレーションもできる。

また、同社がシミュレーションを受託するシミュレーション請負業務サービスの一環として3Dアニメーションを作成・提供してきたが、今回、既製の3D地図データを活用することで、従来よりも短期間で、実際の街並みに近いアニメーションを作成・提供する。

同社では、国内外の建設コンサルタントやゼネコンの道路施策立案関係者を中心に新製品を販売する計画。今後2年間で20システム、請負業務100件の受注を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • muu*****|2018/11/21 23:51

    違反報告

    ラウンドアバウトにも対応してると、しかし日本の道路交通に関しては、もっと基礎的な欠陥が問題なので、このシステムが本当の意味で活躍する地域はわりと少ないのです。『信号のない交差点での横断歩行者の挙動』車両側の91%以上が停止しない現状を考慮してるのでしょうか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します