現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)2018」で見つけた!  半自動巻き取り式の車いす固定ベルト AMF PROTEKTOR(AMFプロテクター)

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.21

欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)2018」で見つけた!  半自動巻き取り式の車いす固定ベルト AMF PROTEKTOR(AMFプロテクター)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日、福祉車両の主流は、リヤのスロープから電動ウインチベルトによって車いすを乗り降りさせるタイプ。体力に自信のない方でも介助を行えるとして、日本国内では広く人気を集めている。しかし、車いすを手動で乗車させることができるユーザーにとっては、もっと手軽で素早い乗り降りが可能だ。事実、ヨーロッパでは乗り降りを手動で行うタイプのスロープ仕様が多く販売されている。ここで紹介するのは、そんな手軽で素早い乗降をサポートする「車いすの固定ベルト」だ。

 AMF PROTEKTOR(AMFプロテクター)は、福祉機器の大手AMF-Brunsが数多くの福祉車両に供給する半自動巻き取り式の車いす固定ベルト。その魅力は簡単で確実な操作感。「カチッ」とフロアのレールに取り付け、フックを引いて車いすにかけ、ダイヤルを回してベルトのたるみを取る、という一連の工程を素早く行えること。ベルトはセルフロック式で、自動巻取りの機能も備える。固定ベルトという1つのパーツであるが、実際に使ってみると、その使い勝手のよさに感心させられる。

    【Believe ニュース】最新の福祉車両や福祉にまつわるホットな情報をお届け!

 ベルトでしっかりと固定される車いす。ヨーロッパでは手動ベルトの需要が高い。

 車いす固定ベルト「AMFプロテクター」は、車いすを固定する際、ある程度までは自動で巻き取る「半自動巻き取り式」。

 精度、剛性感が高く、フロアのレールにカチッと簡単に固定できる。

 赤のレバーを押すと、ベルトをリリースできる。

 横のダイヤルを回すことで、簡単にベルトのたゆみを取ることができる。固定までが非常にスピーディで使い勝手のよさが好評を博している。

 ブースには、さまざまなタイプのAMFプロテクターが展示され、需要の高さをうかがわせる。

 AMF-Brunsは、1970年に車いすと乗員のための4点固定システムを開発し、1975年からは衝突試験も行うなど、車いす車両技術の分野をリードする大手メーカーだ。

 

AMF公式ページ

欧州最大の福祉機器展「REHACARE(リハケア)2018」で見つけた!  半自動巻き取り式の車いす固定ベルト AMF PROTEKTOR(AMFプロテクター)はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します