現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産を裏切った本当の極悪人か?カルロス・ゴーンの功と罪

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失われかけていた日産の歴史を継続させたゴーンのカリスマ性

11月19日、日産自動車の代表取締役会長であるカルロス・ゴーンが有価証券報告書に報酬を過少申告していた疑いで、東京地検特捜部は金融商品取引法違反で逮捕された。その日の22時より神奈川県横浜市にある日産グローバル本社では、西川廣人(さいかわひろと)社長兼最高経営責任者が緊急記者会見を行い、内部告発から数ヶ月にわたる調査結果を検索当局に情報提供していたという。

    日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

ゴーンが実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載したというのは、2011年から2015年までの5年間。その額は約50億円とのことだ。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tom*****|2018/11/20 19:18

    違反報告

    確かに日産をV字回復させたことは実績として認めるべきところ。しかしそのせいで日産が日本市場をおざなりにしてしまった。それだけではないにせよ日本市場ではあまり振るわないのもまた事実。
  • max*****|2018/11/20 19:07

    違反報告

    損害賠償100億円じゃ足りないよ。
  • dor*****|2018/11/20 18:54

    違反報告

    この人じゃなかったら、日産の赤字を黒字にできたか?今、日産が存在しているのは、この人のおかげじゃないのか?

    50億という金は、一般人にとっては驚愕だが、日産は会社自体をこの人に救ってもらったんだぞ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン