現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】スバル初のPHVが「クロストレック(日本名:XV)」に採用され、2018年11月30日に米国でデビュー!

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.20

【ニュース】スバル初のPHVが「クロストレック(日本名:XV)」に採用され、2018年11月30日に米国でデビュー!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月20日(現地時間では19日)、スバルは米国で初のPHV(プラグインハイブリッド)モデルの「CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)」を発表、11月30日から一般公開されるロサンゼルス・オートショーに出展する。クロストレックは、日本市場のXVだ。

2018年内には米国で販売開始の予定

クロストレックは、日本市場ではXVに相当するモデルだ。今回発表されたハイブリッドは、燃焼効率を高めた新開発の専用2L 4気筒水平対向直噴エンジンと、2つのモーターを組み込んだ新型リニアトロニック(CVT)、荷室下に配置した大容量のリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、ガソリン車同様の低重心かつシンメトリカルな構成を実現した「SUBARU StarDrive Technology(スバル スタードライブ テクノロジー)」を搭載している。

駆動用バッテリーはリチウムイオン電池で、総電力量は8.8kWh。フル充電ならば、17マイル(約27km)のEV走行が可能で、エンジン走行も含めれば最大480マイル(約768km)の航続距離を誇る。
ハイブリッド走行時には、力強いモーターアシストで、滑らかかつレスポンスが良く力強い加速を提供し、またモーターのレスポンスを活かした、優れた悪路走破性を実現している。

家庭用コンセントからも充電は可能で、また高電圧バッテリーには衝突時のエネルギーが直接及ばないよう前後にサポートフレームを配置している。さらに堅固なケースで保護することで電気が外に漏れることがないように安全対策を施すと同時に、さまざまな衝突試験で安全性能を検証し、安全なPHVを実現している。

さらに、1000ポンド(約453kg)のトーイングを可能にするなど、アメリカ市場での使用を考慮してガソリン車同様にさまざまなアクティビティをサポートしている。

クロストレック ハイブリッドは11月30日から一般公開されるロサンゼルス・オートショーに出展され、2018年内に米国で販売を開始する予定だ。
なお、気になる日本市場での発売だが、今のところは予定がないという…。

スバル クロストレック ハイブリッド 主要諸元(編集部調べ)

●全長×全幅×全高:4465×1803×1595mm
●ホイールベース:2664mm
●パワーユニット:水平対向4気筒DOHC+モーター
●排気量:1995cc
●最高出力:137hp・118hp
●最大トルク:182Nm・202Nm
●トランスミッション:電気式無段変速機
●タイヤサイズ:225/55R18
●駆動方式:フロント縦置きAWD

[ アルバム : クロストレック ハイブリッド はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します