現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 地域公共交通会議での議決方法の考え方を改正へ 国交省

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.20

地域公共交通会議での議決方法の考え方を改正へ 国交省

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、地域公共交通会議などの議決方法についての考え方を一部改正すると発表した。

2017年の地方分権改革に関する提案募集で、地域公共交通会議や運営協議会を主催する自治体から、合意の方法について「地域住民を含む一定数の賛成で会議の合意が成立したとみなす」との提案があった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

これに対して政府は「地域公共交通会議などの合意では、必ずしも全会一致を意味するものでない」とし、地域公共交通会議などの設置要項に定められた議決方法によって決定することによって、道路運送法上、協議が整って関係者間で合意したことを、明確にすることとした。

このため、国土交通省では、地方公共交通会議について、道路運送法上、合意する必要がある事項と、必ずしも合意する必要はないが合意することが望ましいこととを整理し、明記する。

また、合意は全会一致を意味するものでなく、地域公共交通会議などの設置要項に定められた議決方法による決定を、道路運送法上、協議が整って関係者間で合意したことを明確にする。合意内容を変更することなく反復継続する場合、協議は不要なことも明確にする。軽微な変更の場合、地域公共交通会議に幹事会を設置して協議することを委任することや書面による協議も認める。

一般からの意見を募集した上で、2018年12月に公布・施行する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mt_*****|2018/11/21 01:37

    違反報告

    地方公共交通について、
    新規参入事業者の路線の認可方法について、その路線の潜在的な分も含む輸送の需要量や波動の見込みを考慮せず、一定時間帯のコアな輸送量だけ(時間帯の中での一番低い輸送量を賄う提案で)を押さえ採算を確保するような形での申請は、原則認めないような方向性が欲しい。安易なダンピングなのだから。
    ただ、既存の公共性を保った事業者が安定して得ていた収益機会を逃させ、また、周辺の赤字路線の継続を困難にしてしまう。結果、利用者の需要に応えられず、地域の公共交通を破壊し、最後は立場の弱い利用者の足を奪うことにならざるを得ないので。
    協議にしても「形式」ではなく「実質」を重視する体制にしてほしい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します