現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > イギリスの自動車ブランド、アルヴィスが復活

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.18

イギリスの自動車ブランド、アルヴィスが復活

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦前と戦後のそれぞれで高いパフォーマンスを持つスポーツカーを作っていたアルヴィスが日本に導入されることになった。

 アルヴィスは1920年から67年まで存在したイギリスの自動車メーカーである。それを2010年に復活させ、「ジ・アルヴィス・カー・カンパニー」を立ち上げたのが、アルヴィスの収集家でもある現在のアラン・ストート会長だ。今回日本で発売すると発表したのは当時のモデルの継続生産車となる「コンティニュエーション・シリーズ」である。

    【スタイル比較】広州国際モーターショーで発表されたカローラ シリーズ セダンとトヨタUSAが発表したカローラセダン

 復活するのは4.3ℓシリーズと戦後の3.0ℓシリーズ。1930年代に150台生産される計画だった4.3ℓシリーズは73台が製造されたところで爆撃を受け、残り77台は製造中止となったのだが、すでにシャシーナンバーが割り振られていたその残り77台を継続生産する。さらに1967年の自動車事業終了時に、3.0ℓシリーズのラダーフレームやエンジンなども40台分ほど保存されていたそうで、それも4.3ℓシリーズとともに再生産することになった。

 戦前の4.3ℓシリーズ3種と、戦後の3.0ℓシリーズ3種を、当時の年式と過去から継続するシャシーナンバーを持った新車のクラシックカーとして、再生産することが可能になったのである。またVOSA(Vehicle and Operator Services Agency、車両・運転者サービス庁)の規定に適合しているため、過去に登録したクラシックカーと同じようにナンバーを付けて公道走行が可能な点も新生アルヴィスの魅力という。
 
 インポーターを務めるのはブレーキ部品で有名なセイケンなどの自動車部品を扱う明治産業株式会社。今年創業85周年を迎える同社は、かつて関連会社の明治モータースがアルヴィスの輸入販売を手掛けていたといい、12月にはショールームを東京・港区港南にオープンさせる予定だという。
 
 コンティニュエーション・シリーズのみならず、レストアされた車両販売も行う他、今後は日本国内におけるレストアも手掛けるという。

4.3リッター・シリーズ
主要諸元
寸法:ホイールベース:10フィート7インチ(約3.26m)
トレッド:4フィート8インチ(約1.46m)
全長:15フィート11インチ(約4.60m)
エンジン:4387cc直列6気筒
トランスミッション:6速オール・シンクロメッシュ
トップギア比:3.8:1
サスペンション:4輪独立懸架式

車両参考価格
ヴァンデン・プラス・ツアラー £41万
ベルトーリ・スポーツ・クーペ £46万
ランスフィールド・コンシールド・フード £48万



3リッター・シリーズ
主要諸元
寸法:ホイールベース:9フィート31/2インチ(約2.85m)、
トレッド:フロント 4フィート35/8インチ(約1.33m)、リア 4フィート31/8インチ(約1.31m)
エンジン:2933cc直列6気筒
トランスミッション:5速オール・シンクロメッシュ
トップギア比:3.77:1
サスペンション:4輪独立懸架式

車両参考価格
グラバー・スーパー・クーペ £37万
グラバー・スーパー・カブリオレ £39万
パーク・ウォード・ドロップ・ヘッド・クーペ £28万

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します