現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産、中国でも可変圧縮比エンジンVCターボ搭載の新型アルティマを発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.18

日産、中国でも可変圧縮比エンジンVCターボ搭載の新型アルティマを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産と東風汽車の中国合弁である東風汽車有限は、広州モーターショーで東風日産ブランドの上級セダン、アルティマの新型をデビューさせた。この新型アルティマには可変圧縮比エンジン、VCターボを搭載するグレードもある。TEXT & PHOTO◎CARSTYLING編集部 松永大演

 今回発表されたアルティマは、3月のニューヨークショーでデビューした北米のアルティマと同じモデル。これまで中国では「ティアナ」の名前で6代にわたって販売してきたが、グローバルモデルということで名称を「アルティマ」で揃えたわけだ。

    バッテリー容量53.6kWh、340km航続可能。ホンダの中国専用EV「理念 VE-1」が世界初公開


 新型アルティマは、日産の自動運転系技術「プロパイロット」を中国向けに初搭載。また、まだ日本国内にも投入されていない可変圧縮比エンジン、VCターボ を搭載するグレードもラインアップする。


 日産と東風汽車の新しいブランドであるヴェヌーシアは、ぶらんニューモデルとして、T60を発表した。ユーティリティ重視のクロスオーバーワゴンだ。ヴェヌーシアは日産車をベースに生産してきたが2014年にオリジナルデザインのT70を発表している。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan CAR STYLING編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します