現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【旧車・レクサス LFA】トヨタのイメージリーダーカーとして開発されたスーパースポーツ:日本のスーパーカー 第10回

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.17

【旧車・レクサス LFA】トヨタのイメージリーダーカーとして開発されたスーパースポーツ:日本のスーパーカー 第10回

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州のスーパーカーがスゴいのは誰でも知っている。だが日本のメーカーも、日本人のためのスーパーカーを作るべく努力をしてきた。そんな歴史を振りかえる企画、今回は、トヨタが世界に誇る「レクサス LFA」だ。(ホリデーオート2018年11月号より)

世界のトヨタを世に知らしめた一台

トヨタにおけるレクサス・プロジェクトで、最高性能と最高品質を持つイメージリーダーカーとして開発されたのが、このレクサス LFAだ。

21世紀の初め頃からその存在は噂されており、2005年のデトロイト・ショーで最初のコンセプトカー「LF-A」が発表され、2009年の東京モーターショーでようやく市販モデルがワールドプレミア(世界初公開)された。

フロントミッドシップ搭載されたエンジンは、1LR-GEU型と呼ばれる4.8LのV10DOHC。このエンジンの開発には、ヤマハが一役買っている。前後重量配分の適正化を図るために、トランスミッションはエンジンと切り離されてリアデフと一体化されるトランスアクスル方式が採用された。

カーボンモノコック製シャシ、カーボンセラミックス製ブレーキの採用など、トヨタが誇る最新の素材や技術が惜しみなく投入された。

世界56カ国で500台の限定販売で、そのうち日本では約200台が販売されている。ちなみに、販売価格は日本円で3750万円だった。(解説:飯嶋洋治)

■レクサスLFA主要諸元

●全長×全幅×全高:4505×1895×1220mm
●ホイールベース:2605mm
●重量:1480kg
●エンジン型式・種類・排気量:1LR-GEU・V10 DOHC
●排気量:4805cc
●最高出力:560ps/8700rpm
●最大トルク:48.9kgm/7000rpm
●燃料・タンク容量:プレミアム・73L
●トランスミッション:6速ASG(シングルクラッチセミAT)
●タイヤサイズ(前・後):265/35ZR20・305/30ZR20

[ アルバム : レクサス LFA はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • a_a*****|2018/11/17 12:46

    違反報告

    車ってよりもエンジンが芸術品。今現在、世界一の音。
  • hab*****|2018/11/17 12:45

    違反報告

    いろいろ経緯が違うとはいえ、NSXやGTRと比べると、なんか知名度や注目度がイマイチだよねえ。もったいない。


  • ato*****|2018/11/17 12:51

    違反報告

    音が良いとしか聞かないな

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します