現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019年日本で「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.17

2019年日本で「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日本で「レビン」復活の可能性あり!?

 トヨタは、2018年11月16日に開幕した中国の広州国際モーターショーにおいて、新型「カローラシリーズ」のセダン、中国名「カローラ」および「レビン」を世界初披露しました。

    5代目日産「シルビア」 女子ウケ抜群! なにが彼女たちのハートを鷲掴みにしたのか

 新型モデルは、基本性能を大幅に向上させたGA-Cプラットフォームをベースに、国・地域のユーザー特性に応じて、アクティブさを強調したスポーティモデル「レビン」と、上級感を表現したプレステージモデル「カローラ」の2タイプを設定しています。

 新型モデルは、2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売されます。

 なお、日本においては、スポーティモデルのカローラをベースに、日本のユーザーや道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売する予定となっています。

 世界初披露に際して、開発責任者を務めるチーフエンジニア(CE)の小西良樹氏は「新型モデルは『見てカッコよく、乗って、走って楽しいクルマ』を目指して開発しました。また、クルマ本来の楽しさだけではなく、新たな価値を生み出すつながる機能として『コネクティッド』も拡充することで、世界中のお客様のモビリティライフを豊かにするクルマにしていきたいと考えています。  世界中に数多くのお客様がいるカローラシリーズは、トヨタがTNGAの取り組みを通じて進めてきた『もっといいクルマづくり』の成否を占う重要なクルマだと考えています。お客様には、トヨタのクルマづくりが変わったことを必ず実感いただけると確信しています」と語りました。

※ ※ ※

 新型「カローラ」は、国・地域のユーザーの特性に応じて、TNGAの新型パワートレーン(2.0リッター Dynamic Force Engine、Direct Shift-CVT、6速MTほか)など、ニーズに合わせた様々なパワートレーンを設定し、走行性能・環境性能を向上させています。

 加えて、最新のハイブリッド技術搭載のモデルを新たに90以上の国・地域に投入し、電動車両をグローバルに普及させる重要な役割を担い、先進安全装備においても、国・地域に応じて最新のToyota Safety Senseの設定を拡充し、より安全なクルマの普及を推進。

 さらに、新型モデルにおいては、人とクルマ、クルマと社会がつながり、一人ひとりのユーザーにあった「安全・安心」「快適・便利」なコネクティッド機能・サービスを国・地域ごとに提供するとしています。

 中国では、車載通信システムであるDCM(Data Communication Module)の標準搭載によりクルマをつなげることで、24時間・365日ユーザーを見守り、ジャスト・イン・タイムなサービスなどを提供する「トヨタコネクティッド」(中国名「豊田智行互聯」)を全グレードに設定。

 米国ではApple CarPlayやAmazon Alexaとの連携をはじめとする様々なコネクティッド・マルチメディア機能、欧州では事故や急病時にオペレータに接続して車両位置情報に基づき緊急車両を手配するサービスなどが提供されます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します