現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ「フレアクロスオーバー」デザイン変更&デュアルカメラブレーキサポート標準装備、特別仕様車も導入

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.16

マツダ「フレアクロスオーバー」デザイン変更&デュアルカメラブレーキサポート標準装備、特別仕様車も導入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社は、室内空間の広さと使いやすさ、優れた燃費性能などで評価を受けている「フレアクロスオーバー」を一部改良し、全国のマツダ販売店を通じて、2018年11月16日より発売を開始した。


今回の一部改良では、上級機種のバンパーやアルミホイールのデザインを変更するとともに、内外装に新色を採用することにより、より遊びごころに溢れたデザインとした。
また、「デュアルカメラブレーキサポート」(衝突被害軽減システム)を全車に標準装備し、「安全運転サポート車」の「サポカーS・ベーシック+」に全車が該当することとなった。

    マツダ フレアクロスオーバーを一部改良して発売


さらに、特別仕様車「XGスペシャル」を新たに設定。3種類の2トーンボディカラーや、ボディ各所に施したブラック塗装、レザー調とファブリック表皮を組み合わせた専用シートを採用することにより、たくましい外観と使い込むほど愛着のわく室内空間を表現した。


「フレアクロスオーバー」の主な変更点

・フロント&リアバンパーガーニッシュを立体的で躍動感のある形状に変更(「XS」「XT」)
・15インチアルミホイールを、より精悍な印象の5スポークデザインに変更(「XS」「XT」)
・新ボディカラー「ピュアホワイトパール2トーン(黒ルーフ)」「クールカーキパールメタリック(白ルーフ)」を設定(「XS」「XT」)
・インパネカラーパネルに新色「カーキ」を設定。また現在設定の「ホワイト」を新たに「アイボリー」へ変更
・IRカット機能付フロントガラス+スーパーUV&IRカットフロントドアガラスを採用(「XS」「XT」)
・先進安全技術「デュアルカメラブレーキサポート」(衝突被害軽減システム)を標準装備(全車)
・「マツダ フレア」で採用済の「全方位モニター用カメラパッケージ」を設定

特別仕様車「XGスペシャル」の主な専用装備

・「オフブルーメタリック2トーン」を含む専用2トーンボディカラー(全3色)
・ブラック塗装を施したAピラー/ルーフ/リアクォーターパネル/ドアミラー/アウタードアハンドル
・ブラックメタリック塗装の15インチスチールホイール
・オフブルー塗装色、ガンメタリック塗装のエアコンガーニッシュを含む専用インパネデザイン
・茶系色のレザー調素材と濃紺色のファブリック素材を組み合せた専用シート
・「ナノイー」搭載フルオートエアコン(カテキン・エアフィルター付)

【メーカー希望小売価格(消費税込)】

マツダ フレアクロスオーバー 関連情報
マツダ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します