現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ADIVA、軽二輪EVスクーター『VX-1』を国内市場に投入 114万円より

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.15

ADIVA、軽二輪EVスクーター『VX-1』を国内市場に投入 114万円より

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADIVAは11月15日、軽二輪(250cc)クラスの電動スクーター『VX-1』を国内市場に投入すると発表した。

VX-1は、大型ウインドスクリーンやダブルシートを備え、タンデムでの高速移動も快適にこなせる軽二輪電動スクーター。環境負荷やランニングコストの低さはもちろんのこと、電動バイクならではのライディングの楽しさを提供する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

パワーユニットは、サイズ、重量、部品点数を最小化するADIVA独自の「インホイールモーター」をリアホイールに直結。モーターならではのダイレクトな加速感を実現するとともに、0-100km/h 6秒、最高速度110km/hという優れたパフォーマンスを発揮する。また、スクーターの構造上、エンジンの代わりにモーターを搭載することはバネ下重量の軽減につながるが、VX-1ではさらに軽量アルミフレームやバッテリー搭載位置を下げた低重心設計により、軽快さと安定性を両立したハンドリングを実現している。

加速や減速は「マルチファンクションスロットル」だけで自在に操作可能。走行状態でスロットルを戻すと回生ブレーキが作動し、減速とともにバッテリーへ補充電を行う。さらに停止状態から逆回転させることで後退させることもでき、駐車時などに役立つ。また足回りも充実。フロントサスペンションはマルゾッキ製油圧式テレスコピック、リアはザックス製プリロード調整機構付きツインショック、ブレーキはブレンボ製キャリパー&ディスクを前後に備える。

充電は100Vおよび200Vの交流に対応し、家庭用コンセントに付属の充電ケーブルを差し込むだけ。さらに国際規格である「SAE J1772ソケット」を使用し200Vの充電機器に接続すれば、より短時間で充電できる。バッテリーは容量の異なる3つの仕様を設定。7.2kWhは4.8時間の充電(100V)で航続距離は130km。10.8kWhは7.2時間の充電で200km、14.4kWhなら9.6時間の充電で270kmの走行を可能としている。

価格は7.2kWh仕様が114万円、10.8kWh仕様 が138万円、14.4kWh仕様が162万円。ADIVAではVX-1の発売を記念して、7.2kWh仕様(50台限定)を89万円で購入できるモニタープログラムを12月1日より開始する予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します