現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ、ワゴンR など120万台をリコール 電動パワステやエンジン補機ベルトに不具合

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは11月15日、『ワゴンR』など120万台について、電動パワーステアリングやエンジン補機ベルト、補助電源モジュールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

電動パワーステアリングについては、コントローラの不具合を検出するプログラムが不適切なため、エンジン始動時またはアイドリングストップ後の再始動時にバッテリー電圧が低下していると、不具合として誤検出することがある。その場合、警告灯が点灯するとともにステアリングのアシスト機能が停止し、操舵力が増大するおそれがある。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン