現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイムラー、メルセデスベンツの新たな研究開発技術センター建設へ…電動化を推進

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.15

ダイムラー、メルセデスベンツの新たな研究開発技術センター建設へ…電動化を推進

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイムラー(Daimler)は11月14日、メルセデスベンツの新たな研究開発技術センターを中国・北京市に建設すると発表した。

この研究開発技術センターの建設に、ダイムラーはおよそ1億4500万ユーロ(約190億円)を投資する計画だ。2020年に稼働することを見込む。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

新たな研究開発技術センターは、総床面積5万5000平方mの広さを持ち、テスト施設とオフィスビルで構成される。テスト施設では、中国政府が推進するNEV(新エネルギー車)政策を視野に入れ、電動車向けを含めたパワートレインや充電システム、シャーシなどの研究開発を進めていく。

ダイムラーは、中国合弁パートナーの北京汽車(BAIC)と共同で、北京ベンツを設立しており、メルセデスベンツ『Cクラス』や『Eクラス』などを現地生産している。ダイムラーはメルセデスベンツの新たな研究開発技術センターを建設することにより、電動化を推進していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します