現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.15

昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カッコいいクルマを定義づけたスーパーカーたち

 1970年代後半、当時、多くの男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この頃、スーパーカーの洗礼を受けた少年たちはオジサンになっても、カッコいい=カウンタック、速い=ターボ(ポルシェ930ターボ)、コーナリングマシン=ミッドシップという方程式が刷り込まれていた。

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

 そんな原体験を作り上げた代表的な車種をあらためて紹介する。

 1)ランボルギーニ・カウンタック

 スーパーカーの王者といえる一台は何かと問われたら、やはりカウンタックしかないだろう。

 ノーズからフロントガラスまでがほぼ一直線。全高は1070mmしかなく、地面にしゃがんだ大人よりも低い。サイドウインドは思いっきり傾斜角がついていて、極めつけはあのガルウイング……。マルチェロ・ガンディーニのデザインしたスタイリングは、クルマというより宇宙船に近かった。

 しかも、2450mmのホイールベースにレーシングカーのようなV12気筒エンジンを縦置きに搭載。ミッションをエンジンより前に突き出させ重量物をとことん中心に集めている。手の込んだマルチ・スペースフレームのシャシーは非常に剛性が高く、最高速度300km/hと称されていたが、じつはコーナーリングマシンだった(LP400の最高速は、実測で260km/h程度)。

 自宅のクルマがサニーやカローラだったガキンチョにも、ウェッジシェイプボディの問答無用のカッコよさと12気筒ってすごい、と納得させたカウンタック。プラモデル、ラジコン、ミニカー、写真、全部の主役がカウンタックだった。

 2)ポルシェ911ターボ(タイプ930)

 子どもというのは、必殺技にあこがれるもの。あるいは呪文といってもいい。スーパーカーでそこに当てはまるのは、なんといっても「ターボ」に尽きる。ただでさえレーシング指向の911に、ターボチャージャーなんて取り付けた日には、鬼に金棒。イタリアンスーパーカーだって、道を譲らざるを得ない。

 あの当時で、ゼロヨン12秒台、最高速250km/h以上というのは、まさにモンスター。おまけにグループ4レースを意識して無理やり装着したオーバーフェンダー、リヤスポイラー、ワイドタイヤという暴力的な手法が、これまた革命的だった。

 ターボという最高のドーピングをものにしたポルシェは、934、935、936などでレース界を席巻。「ポルシェ+ターボ=最強」の図式が刷り込まれ、それが遠因で日本は世界有数のターボ好きのターボ車生産国になっていく。

 3)ランチア・ストラトス

「成層圏」という意味のネーミングを与えられたストラトスは、「頂点を切り取った円錐形」をイメージしたキャビンの、ベルトーネ時代のガンディーニの傑作ボディと、「サーキットの狼」での活躍もあり、数あるスーパーカーのなかでも人気の一台。

 一方でスーパーカーのなかでもっともモータースポーツに特化した一台で、1974~1976年まで、3年連続でWRCのメイクスタイトルもモノにしている。

 勝因は、のちにフェラーリのF1チームを率いることになる、ランチアのプログラムディレクターも務めた闘将チェザーレ・フィオリオ氏だ。フィオリオ氏はWRC規定を裏読みし、ラリーのためのスペシャルカーを年間400台以上生産し、それを公認させるというアイディアを思いつき、車重1000kg以下、横置きミッドシップエンジンでZ軸まわりのヨーモーメントを最小化、全長3900mm以下で低重心の視界良好といった条件に合わせて理想的な形を実現した。

 アリタリアカラーのラリーカーもカッコよかったが、シルエットフォーミュラのストラトスのカッコよさも格別。スーパーカー消しゴムでも大人気だった。

 日本のテストで正真正銘300km/hをクリアしたのはあのクルマ!

 4)ランボルギーニ・ミウラ

 ランボルギーニ・ミウラもスタイリングありきのスーパーカー。デザイナーはベルトーネに在籍していた頃のマルチェロ・ガンディーニ。そして車体設計はジャンパオロ・ダラーラ。F1のハースチームのシャシー製作をはじめ、F3やGP3、フォーミュラEなど、ほとんどのフォーミュラカーの車体を供給している 、あのレーシングコンストラクター、ダラーラの創業者が担当。しかしミウラに関してはほとんど見切り発車の状態で生産がはじまり、未完成のまま世に出てしまったようなもの……。

 980kgの車体に3.9リッターV12気筒エンジンを横置きに搭載し、350馬力(P400)で最高速は300km/hに達すると標榜していたが、それを納得させるだけの先進的なスタイリングを持っていたのがミウラの最大の特徴。また、発展形のレーシングバージョンで、幻といわれたイオタの存在が、ミウラ伝説に厚みを持たせている。

 5)ロータス・ヨーロッパ

「サーキットの狼」の主人公、「ロータスの狼」こと風吹裕矢の愛車として作品中で活躍したクルマ。

 NAの1.6リッター直4エンジンで、スーパーカーといえるのか? という論議はあるが、全高1067mmのペタンコのボディに、700kgの超軽量ボディ、そしてミッドシップレイアウトなら、十分スーパーカーの条件を満たしているのではないだろうか。

 天才的な設計者、コーリン・チャップマンが公道を走れるレーシングカーとして企画したヨーロッパ。スーパーカーエイジに与えた影響の大きさから考えても、このクルマを抜きに、日本でスーパーカーは語れない。

 6)デ・トマソ パンテーラ

 アレハンドロ・デ・トマソが創業したイタリアのスーパーカーメーカーで、デ・トマソ社とフォードがタックを組んでスーパーカーの大量生産化を目標に開発・販売されたクルマだ。車体設計はミウラなどを設計したあと、ランボルギーニ社から引き抜かれたジャンパオロ・ダラーラが担当。フォード製の5.8リッターアメリカンV8エンジンを縦置きのミッドシップに搭載し、かなりレーシングカー的な手法で設計。

 伊米合作、あるいはOHVのアメリカンV8エンジンなんてスーパーカーらしくない、または、カロッツェリア ギアが担当したスタイリングが、ちっともスタイリッシュではない……といったイメージから、スーパーカーファンの人気は芳しくはないが、動力性能はほかのスーパーカーに劣らず、とくに加速の伸びは只者ではなかった。

 ちなみにチューニングカーによる最高速アタックが過熱し、どのクルマが300km /hの壁をに最初に突破するかを競っていた頃、1981年11月に谷田部で夢の300km /hオーバー=307.69km/hの大記録をマークしたのが、他ならぬデ・トマソ パンテーラ、通称「光永パンテーラ」(光永は、オーナーの名前)だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • meg*****|2018/11/15 13:30

    違反報告

    フェラーリ512BBが無いからやり直し!
  • z30*****|2018/11/15 14:48

    違反報告

    子供の頃、近所のスーパー駐車場で、「スーパーカーショー」をよくやってた
    但し、目玉のカウンタックを除くと・・・
    マセラティ・ボーラ、ポルシェ914/6、ランボルギーニ・ウラッコ、シトロエンSM&DS、アルファルメオ・モントリオール等々

    当時は、「コレじゃねーんだよ」と思っていたが、今じゃ、「渋い、通好みのラインナップ」に思える笑。
  • mik*****|2018/11/15 15:03

    違反報告

    昔、アリタリアカラーのランチャストラトスが近くのガソリンスタンドによく止まっていて、カメラ少年だった自分は自転車乗ってよく見に行っていた。触らせてもらった時は凄く感動した記憶があります…。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します